神が聖人「ピオ神父」に告げた“世界の終わり”の12の兆候に戦慄! イエスが送信「暗闇で3日間生きられるよう準備せよ」「隕石が…」

 かつてイエス・キリストから世界の破滅について啓示を受け、世界の終わりについて直接話を聞いたという神父がいた。その神父はローマ・カトリック教会によって列聖された聖人であり、今なお多くの人々の信仰を集めている。一体彼はどんな言葉を聞いたのか? オルタナティブメディア「Disclose.tv」からお伝えする。

神が聖人「ピオ神父」に告げた世界の終わりの12の兆候に戦慄! イエスが送信「暗闇で3日間生きられるよう準備せよ」「隕石が…」の画像1画像は「Disclose.tv」より引用


■イエスから世界の破滅を聞いた神父

 20世紀初頭から半ばまで活躍したイタリア出身の聖ピオ神父は、病人の治癒や予言といった数々の奇跡で高名なカトリックの聖職者である。その手に聖痕(磔刑になったキリストの手と同じ傷跡)が現れたことでも有名で、神からの啓示や悪魔からの攻撃も受けたことがあるとされる。1968年に死去したが、人々からの信仰は篤く、2002年には当時のローマ教皇ヨハネ・パウロ二世から列聖された。ちなみに、その遺体は聖遺物として永久保存されており、ごく稀に一般公開される際には世界中の信者がピオ神父に会うためにやって来る。

神が聖人「ピオ神父」に告げた世界の終わりの12の兆候に戦慄! イエスが送信「暗闇で3日間生きられるよう準備せよ」「隕石が…」の画像2聖遺物となったピオ神父 画像は「The Daily Mirror」より引用

 生前、聖ピオ神父は神から与えられる様々な精神的な試練に苦しんでいたという。そんな中、彼はイエス・キリストから世界の破滅と終わりについて、直接言葉を授かった。それは一体どんな言葉だったのか? 「DIsclose.tv」の記事によると、それは世界の終わりに関する12のメッセージだったようだ。

 では早速、12のメッセージをご紹介しよう。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ