【衝撃】メラニア・トランプ大統領夫人にクローン説が浮上!「あれはメラニーという別人の影武者」「昔と顔が違う」

【衝撃】メラニア・トランプ大統領夫人にクローン説が浮上!「あれはメラニーという別人の影武者」「昔と顔が違う」の画像1画像は「Daily Star」より引用

 先月10日以降、公の場から姿を消していたメラニア・トランプ米大統領夫人。今月6日、26日ぶりに記者団の前に姿を現したが、ネット上では「メラニア夫人クローン説」が囁かれているという。一体どういうことだろうか?

 英紙「Daily Star」(6月5日付)によると、メラニア夫人は先月10日、北朝鮮が解放した米国人3人と面会したのを最後に公の場から姿を消していた。実は14日から腎臓手術のため入院していたのだ。そして今月6日、26日ぶりに公の場に姿を現すことになったわけだが、実は5日に開催された殉職兵士の遺族を招いた非公式の会にドナルド・トランプ大統領と出席している写真を自身のツイッターアカウントに投稿しており、25日ぶりにその安否が確認されている。

 しかし、久々に登場したメラニア夫人の姿に人々は困惑、「メラニア夫人クローン説」がまことしやかに噂されているというのだ。ツイッター上では次のような憶測が飛び交っている。

「みんなあれはメラニアのクローンのメラニーだって言ってるぞ」
「ああ、これはメラニアの影武者だよ」
「キム・カーダシアンみたいだ」

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ