• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

 貴重な希少鉱物として真っ先に思い浮かぶのがダイヤモンドだ。レアであるがゆえに価値が高いダイヤモンドだが、実はこの地球には掃いて捨てるほどのダイヤモンドが埋まっているというから驚きだ。


■地中にはダイヤモンドが捨てるほどあった!

 代表的な宝石の1つであるダイヤモンドだが、もはや“お宝”とは言えない石になってしまう可能性が急浮上してきた。なんと地中にはまだ1000兆トンものダイヤモンドが埋まっているというのである。ダイヤモンドが河原の石と大差なくなる日が近いのだろうか。

 米・マサチューセッツ工科大学(MIT)、ハーバード大学、カリフォルニア大学バークレー校などの合同研究チームが先ごろ発表した研究では、地中のクラトンと呼ばれる安定した地殻のかたまりの1~2%がダイヤモンドである可能性を指摘している。

「今回の研究が示しているのは、ダイヤモンドが決して希少な鉱物ではなく、地質学上の観点からは比較的ありふれたものであることです」と研究チームの一員であるMITのウルリッヒ・ファウル氏は語る。

lookingfordiamonds1.JPG
画像は「Wikipedia」より

 研究チームは数々の地震で記録された地震音波(地震波)の速度を分析することで、地中の奥深くの構造を地上の地形と同じように浮き彫りにした。地震音波は地中の組成状態(混合物、温度、岩と鉱物の密度)によって速度が変化する。この音波の速度の変化を詳しく分析することで、奥深い地中の状態が3Dマップ化できるのである。

 研究チームは、音波がクラトンと呼ばれる地塊の下部では、当初考えられていたよりも早い速度で伝わっていることを発見したのだ。研究チームはこの点に着目してさまざまな構成要素の岩で音波の伝達速度を測る実験を繰り返したところ、クラトン下部に1~2%のダイヤモンドが含まれていると想定した場合においてのみ、地震データと同じ速度になることを突き止めたのである。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。