• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
drugp_01
画像は「Big Think」より引用

 意識高い系ウェブサイト「Big Think」(7月23日付)が、ドラッグの摂取経験がある5人の偉大な哲学者を紹介している。


■ジャン=ポール・サルトル

drugp_02
画像は「Big Think」より引用

 20世紀に活躍した最も偉大なフランス人哲学者の1人であるジャン=ポール・サルトル。ドイツの哲学者エトムント・フッサールが創始した現象学をベースに独自の存在論を展開した『存在と無』は哲学的古典として今も重要な位置を占めている。

 そんなサルトルも若い頃には、実在と意識の探究を目的として幻覚剤の一種である「メスカリン」を摂取したことがあるという。大量摂取が裏目に出たのか、後にサルトルは数カ月間も「カニに追いかけられた」と告白している。

 普通の人ならば取り乱してしまうような異常な状況だが、フランスの一級教員資格である「アグレガシオン」に主席で合格した秀才は違った。自身が持つ孤独への恐れがカニとして具現化したと解釈したところ、徐々にそのカニはいなくなっていったそうだ。

 サルトルは哲学者としてのみならず作家としても活躍した。代表作である『嘔吐』には、ドラッグの影響を取り扱った表現が散見される。特に登場人物が実存的なブレークスルーを経験する際にはそのような表現が目立つそうだ。また、サルトルの戯曲である『アルトナの幽閉者』でカニが登場するのも、彼のドラッグ体験を反映してのことだという。

コメント

2:匿名2018年10月30日 20:43 | 返信

天才はドラッグやっても天才

1:匿名2018年9月20日 21:36 | 返信

ぶっちゃけ俺もDMTはやったことあるけど、間接的に哲学的な発想に至ることはあるかもね。
DMTのBADは夢と現実の境が無くなって、そのまま戻れないんじゃないかと恐怖した。
人間の認識がいかにあやふやで不完全なのかを感じたよ。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。