CIA公開文書で確定「ナチスは超高速飛行UFOを作っていた」! マッハ3、垂直離陸、直径42m… ソ連が開発継続か!?

 公開されたCIA機密文書から、終戦直前のナチスが最高速度マッハ3を越える“空飛ぶ円盤”を開発していたことが判明した――。


■ナチスが“空飛ぶ円盤”を開発

 第二次世界大戦において、ナチスがさまざまな兵器を開発していたことが知られているが“空飛ぶ円盤”を開発していたという確実な証拠は残っていない。しかしながらナチスの空飛ぶ円盤の設計図や写真などが不確かなものではあるがいくつか出回っていて、「ベル型の飛行物体」や「ハウニブー」と呼ばれる“空飛ぶ円盤”の試作機があったのではないかとも噂されている。また、実際に終戦間際にきわめて先進的な全翼型戦闘爆撃機である「ホルテンHo229」が開発され、量産化される寸前であった。

 そしてCIAのかつての機密文書の中にも、ナチスと“空飛ぶ円盤”の関係性を指摘する記述が残されているのだ。やはりナチスは“UFO”を開発していたのだろうか。

CIA公開文書で確定「ナチスは超高速飛行UFOを作っていた」! マッハ3、垂直離陸、直径42m… ソ連が開発継続か!?の画像1CIA」より

 1950年代から60年代、米政府筋の情報機関が実はかなり本腰を入れて“UFO調査”を行っていたことが徐々に明らかになっているのだが、1953年に発行されたCIA文書では、かつてのナチスの技術者であったゲオルク・クライン氏にインタビューした内容が報告されている。クライン氏は“空飛ぶ円盤”は終戦直前までナチスで開発が進められており、テスト飛行も行っていたことに言及しているのだ。

 文書によれば、クライン氏へのインタビューが行われたのは1952年の3月11日から5月20日の間であるという。

「クライン氏が最近語ったところによれば、多くの人々が“空飛ぶ円盤”は戦後のものだと信じているが、1941年にはすでにドイツの航空機工場で計画段階に入っていたという。クライン氏はアルベルト・シュペーア軍需大臣のもとでエンジニアとして勤務しており、チェコ・プラハで1945年2月14日に行われた“空飛ぶ円盤”の最初の実験飛行に参加したと話している」(CIA文書より)

CIA公開文書で確定「ナチスは超高速飛行UFOを作っていた」! マッハ3、垂直離陸、直径42m… ソ連が開発継続か!?の画像2Daily Star」の記事より

 そしてクライン氏は、1952年の現在、この“空飛ぶ円盤”がドイツの技術を用いて製作中であると主張し、それはジェット推進型航空機にとって大きなライバルになることを指摘している。それもそのはず“空飛ぶ円盤”は驚異的な飛行性能を有していたのだ。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ