【やはり】CIA公開文書で確定「ナチスは超高速飛行UFOを作っていた」! マッハ3、垂直離陸、直径42m… ソ連が開発継続か!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント11

■ナチスの“UFO”はソ連で完成していた?

「クライン氏の報告によると、実験では“空飛ぶ円盤”は高度1万2400メートルにわずか3分で到達し、最高速度は時速2200キロを記録した。クライン氏が強調するのは、ドイツの技術をもってすればこの円盤は時速4000キロに達するのが技術的に可能であるという点だ」(CIA文書より)

 テスト飛行で時速2200キロもの速度を出し、技術的には時速4000キロが可能であるとすれば驚くばかりだ。クライン氏によればこの円盤は直径が42メートルあり、ヘリコプターのように垂直に離陸して上昇することができるという。

nazisflyingsaucer3.JPGThe Event Chronicle」の記事より

 この飛行テストの後は完成機がすぐにでも開発できたということだが、この時点ではいくつか足りない素材(おそらくアルミニウムなど)があり完成にはこぎつけられなかったということだ。そしてもちろん、この2カ月半後にはヒトラーが自殺し、第三帝国は崩壊することになる。

 1944年末の時点で、3種類の試作機がありこの“空飛ぶ円盤”のほかにもリング型の機体と、半球型の機体があったということだ。製作はあのV2ロケットを作っていたギリシャの工場が利用されたということである。

 ナチス・ドイツの無条件降伏でプラハにいたエンジニアたちは急いで本国へと逃れたのだが、何かの手違いなのかある1つのチームには避難命令が通知されず、侵攻してきたソ連軍に捕らえられたという。そして試作機も接収された。

 こうしたことから、1952年の時点でクライン氏はこの“空飛ぶ円盤”はソ連の地で開発が継続されていると主張している。とすれば早ければその後数年で旧ソ連がこの“空飛ぶ円盤”を完成させていたのかもしれない。戦後にソ連が鋭意開発、製造してきたミグ戦闘機も、ナチスから押収した各種の先進航空技術が元になっているのだ。

nazisflyingsaucer4.JPGThe Event Chronicle」の記事より

 ソ連で“空飛ぶ円盤”が完成しているかもしれないというクライン氏の話は、当時のアメリカにとってきわめて脅威であっただろう。そしてもちろん、当のアメリカにもあの“ロズウェル事件”の疑惑がある。ロズウェルに墜落した“UFO”が実はソ連で完成したナチスの“空飛ぶ円盤”であったとすればほかにもさまざまな解釈が生まれてくる。UFOコミュニティにとってナチスとUFOは引き続き大きなテーマである。
(文=仲田しんじ)


参考:「Daily Star」、「The Event Chronicle」、ほか

コメント

11:匿名 2018年9月15日 02:17 | 返信

もしナチスが本物のUFOを作っていたとすればヒトラーの予言とかラストバタリオンとかが一気に現実味を帯びてくるのだが、現実問題本物のUFOが作られていた可能性は殆ど無いだろう。

10:匿名 2018年8月17日 08:41 | 返信

もしナチス製UFOに興味を持った人は、
ヴィクトル・シャウベルガー氏の爆縮エンジンに関する書籍や文献と、
アンリ・コアンダ氏のコアンダ効果(特にネット上での実験やシミュレーション)を
調べてみると良いよ。なるほどドイツから南米まで無給油で
ナチス残党が脱出出来そうな飛行体は出来そうな気はするけど、
高度1万2000mマッハ2とか3というのはさすがにウソだと気付く。

9:8&5 2018年8月15日 00:07 | 返信

下記の文章。本家スイスのFIGUで閲覧可能でした(ドイツ語)だけど。
「Deutsche Flugscheiben resp Flugkreisel FIGU 」で検索してください。
現実はこんなものだと思う。

8:5 2018年8月14日 23:46 | 返信

>6

コアンダ効果は東大の鈴木研究室等で研究されている「ジェットのスパイク効果」に
近いものが期待できるけどね。
それにしても時速数千キロとか高度1万数千mというのはさすがにウソだと思う。

もし、マイヤー事件のビリーマイヤーの後援団体の日本支部である。
FIGU-Landesgruppe JAPANにツテがあれば1996年2月FIGU公報第2巻第6号を
読ませてもらうと良い。(同号はホムペからDLも出来ないし配布用も品切れ)

ナチス製UFOのおそらく当時の技術ではその程度であろう性能の記述と経緯と、
地球の大気圏内のみで使用可なことが明記されている。

私が読んだ感じでは現在のヘリコプターに毛が生えた性能だが、
コアンダ効果を応用した飛翔体であり効率は非常に良く、
肝心のプロペラ部分は筐体の中にあり、現行のヘリコプターよか
はるかにバードストライクやプロペラへの外部からの接触には強いだろう。

7:匿名 2018年8月14日 23:33 | 返信

トカナは海外のパクリ記事ばっか

いつか痛い目にあうだろうな

6:匿名 2018年8月14日 23:00 | 返信

現実的にマッハ数ということを考えれば、いわゆるアダムスキー型UFOで地球の大気中を音速越えで飛行することは、100パーセント不可能。
形状的に飛行可能かどうかは語るつもりはない。
空気の壁にぶち当たって、円盤の上にあるキャビンに相当する部分が、確実に切断される。
専門外だったかな?

5:匿名 2018年8月14日 22:36 | 返信

>3
 ジェットエンジンの発明者のアンリ・コアンダが発見した
スプーンが水流に吸い付く現象の「コアンダ効果」を利用した飛翔体には
ほぼ間違いないと私は考えている。

 Youtubeにて「coanda effect」で検索してみ、
アダムスキー型UFO形状の飛翔体の実験が色々見られる。

 ちなみに、ナチス製UFOがEMドライブを使用しているというトンデモ論は
矢追純一氏の功罪であると思う。

4:あ!もしかしてだけどイルミナティ 2018年8月14日 22:06 | 返信

過去にタイムトラベルできていたらUFOの技術を比較的手に入れやすいね。ヒトラーの地下に眠る異世界の話は信じてる。ただ彼が行ったところは縄文よりかなり前の古代の地球だったのかなとも思う。

それと科学技術で雲や雨雲を集める技術(イスラエル)、日本のプラトニウム施設 原発を制御コントロールしてるイスラエル、天文を利用して災害を起こさせる呪術をやってる西の国の組織(西洋人) 人間の邪気が好物だという魔物を使った不気味な魔術(天文学を利用)、地震を起こす技術。
イスラエル イギリスは植民地アメリカに指示してヒトラーを怒らせた わざと。そしてヒトラーや高い叡知 高い能力 技術を持つゲルマン民族に嫉妬した。

3:匿名 2018年8月14日 21:35 | 返信

肝心なのはこれの飛行原理
あの時代に作れて今の時代に作れないはずがない
どっかに断片的にでも情報ないのか?

2:匿名 2018年8月14日 16:42 | 返信

ゴルバチョフがアメリカのUFO機密文書に脅威を感じてたんだが?
対抗して墜落したUFOの回収フィルム作ってたし

1:匿名 2018年8月14日 16:18 | 返信

そんなUFOをソ連が持ってれば、キューバ危機の時とかに脅しの材料にするでしょ。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。