• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント6

花の都パリ」。世界中から観光客がやって来る街は、とても華やかだ。街の中心には、セーヌ川が流れ、そのほとりには、数多くのカップルが集まる。

 パリの市街を流れるセーヌ川は、フランスではロワール川に続く第2の長さとなっている。シェリー橋からサン・ルイ島に架かるイエナ橋までの8kmの河岸は、1991年にユネスコ(国際連合教育科学文化機関)の世界文化遺産に登録されたこともあり、ここで半日を過ごす人たちも多い。パリで最も美しいとされているアレクサンドル3世橋は、いつも大勢の人たちでにぎわっている。そして、セーヌ川に浮かぶクルーズ船は、いつも満席だ。

 パリにやって来る観光客の多くは、シャンゼリゼ大通りや凱旋門、ノートルダム大聖堂、エッフェル塔などといった観光地を回り、ルーヴル美術館やオペラ座などに足を運ぶ。そして、オシャレなオープンカフェやアンティーク雑貨を扱っているパッサージュで時間を過ごしながら、パリジャン気分を味わう。

 とりわけ女性に人気があるのが、1979年にユネスコの世界文化遺産に登録されたヴェルサイユ宮殿だ。ルイ14世が建設した宮殿であり、王室の栄華をしのばせる世界一華麗な建造物として知られている。他の建築様式とは一味違うバロック様式の建造物は、誰もがその美しさに魅了されてしまう。パリの南西22キロのところに位置している。

 これほどまでに魅力溢れるパリだが、実は、日本人観光客には知られていない一面がある。パリ市内を縦横無尽に走るメトロ(地下鉄)が終電を迎える頃、いくつかの駅の近くに黒人の街娼が姿を現すのだ。時間にすると午前1時頃になる。パリ在住のコンゴ人J氏とその様子を見に行った。

関連キーワード

コメント

6:匿名2018年9月10日 09:32 | 返信

やっぱり黒人は黒人に興奮するんだな
当たり前か

5:匿名2018年9月 9日 22:33 | 返信

レナウン娘が、オシャレでシックなレナウン娘がワンサカワンサ、あーーん”iiwala”

4:匿名2018年9月 8日 20:48 | 返信

これだけフィクションだって解りやすい記事は久しぶりだ。

3:匿名2018年9月 8日 17:11 | 返信

パリで良く見るコンパクトな電気看板90年代からあったんだな。

2:匿名2018年9月 8日 16:56 | 返信

写真撮ると何故命が危ないのか
誰に見つかったら、も
一切書かれてない

トカナのライター
記事適当に書いてお金もらえて
良かったね

1:匿名2018年9月 8日 16:12 | 返信

安い立ちんぼ なんか買ったら アブない病気もらうぞ

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。