• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1

【日本奇習紀行シリーズ】 西日本

kishu1940_01.jpg
画像は「Takamorry」より引用

 ここ数年は、未成年の少女が、マジックミラー越しに痴態を晒し、それを男性客が鑑賞するという、いわゆる「見学店」の摘発が相次いでいるが、実はこうした“擬似性行為”とも言うべきスタイルは、意外にもかなり古い時代から存在していたのだという。


「直接見たり触ったりできないとはいえね、妙齢のご婦人方が、ついたて1つ隔てた隣で“そういうこと”をしてるんだから、そりゃあ、男たちからするとなかなかのものだよ」


 かつて西日本のとある地域に存在していたという、その“奇妙な風習”についてそう語るのは、現在も当地に住み、造り酒屋を営んでいるという、村上良蔵さん(仮名・82)。村上さんの話によると、当地ではその昔、人妻たちの痴態を“鑑賞”するという、なんとも珍妙な風習が存在していたのだという。


「このあたりじゃね、毎月15日になると、各家の奥さん連中がだ、隣近所の男たち相手に、ストリップみたいなことをやる風習があってね。先月はあそこの奥さんだったから、今月はこっちの奥さんっていう具合に、持ち回りでやるの。といっても、そんなにたくさん家があるわけじゃないから、大抵は1年ぐらいで一周しちゃうんだけどもね」


 そもそも、各家の人妻たちが、隣人男性たちに向けて“持ち回りでストリップを披露する”という時点で、当世の我々からすればにわかに信じ難いことであるが、さらに驚かされるのは、その“内容”が、思いのほか“凝っている”という点だ。


「まずね、家に行くとだよ、襖に貼るような薄紙を貼ったついたてのようなものがあってね。要はそれを隔てた向こう側で、その家の奥さんがいろいろと見せてくれるのだけども、ついたてがあるものだから、ランプや電灯なんかで照らしても、影しか見えないわけ。でもこれがまた、逆に興奮するものでね。村の男たちはみんな、毎月15日になるのを今か今かと待ちわびていたものだよ(苦笑)」

コメント

1:匿名2018年9月28日 01:01 | 返信

この人の記事はソースのない妄想ネタしかないから、読んだ人は本気にしないでね

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。