• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2

【日本奇習紀行シリーズ】 東日本

kishu1923_01.jpg
photo by「hirotomo t

 毎年、彼岸の季節になると、個人としての墓参はもとより、各地で様々な催事が行われるが、そうした中、世間一般のそうした慣習とは別に、“極めて特殊な行為”を行っていた事例があるようだ。


「ええ、少なくとも我々にとっては“普通のこと”なんです。もちろん、よその地域の人からすれば、“ちょっと不思議な”と申しますか、奇妙なものに映るかもしれませんがね」


 かつて、東日本のとある地域で行われていたという、“とある彼岸の儀式”についてそう証言するのは、現在、都内某所で暮らし、デイサービスセンターで、同年代の高齢者たちとの昔話に花を咲かせているという、山中寿夫さん(仮名・89)。山中さんの話によると、その昔、彼が生まれ育った村と、その周辺の地域では、彼岸を迎える毎年九月下旬に、“なんとも不思議な儀式”を行うことになっていたのだという。


「人間っていうのはですね、長く生きておりますと、親兄弟やつれあいといった肉親を亡くしますでしょう? そう、場合によっては、自分の子供のほうが先立つ場合もあります。そういうね、“肉親の死”をですね、“噛み締める”とでも申しますか、故人を偲ぶとでも申しますかね、毎年彼岸になると、前の年からその年の彼岸になるまでの間にですね、亡くなった故人をです、その肉親が偲ぶ習慣がありましてね。それが家族の場合は私ら、あのあたりで生まれ育った人間はですね、墓を一度掘り返しましてね、そこから骨を拾って、彼岸の間じゅうずっと枕元に置いて、最後の日にその端を一口齧って、また墓に戻すという習慣があるんです」

関連キーワード

コメント

2:匿名2018年9月23日 23:34 | 返信

このシリーズもだんだん無理が出てきたな

1:匿名2018年9月23日 21:37 | 返信

今回は面白くない。
創作のネタもだいぶ尽きてきているみたいだなあ。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。