メキシコで「人間サイズの昆虫」が激写される! くねくねか、芋虫か…不気味画像に衝撃!

関連キーワード:

,

,

 メキシコのサイクリストが巨大なワームを撮影したという。まるで人間サイズの昆虫のようだと、オカルト系ブログやYouTubeが取り上げて話題を呼んでいる。


■深夜の道路に現れた白い影

 スペイン語圏のオカルト情報を収集するサイト「INEXPLICATA」によると、問題の写真が撮影されたのは今月10日のこと。メキシコ西部にあるバハ・カリフォルニア半島の町・ラパス郊外、セロ・デ・ラ・カラベラと呼ばれる山と海岸に挟まれた見通しの良い車道だったという。撮影者はエリック・イヴァンさんという若者で、夜遅くに自転車で道路を走行中、奇妙な白い物体を目撃・撮影したとのことだ。

メキシコで「人間サイズの昆虫」が激写される! くねくねか、芋虫か…不気味画像に衝撃!の画像1画像は「YouTube」より引用

 写真を見ると、明かりもほとんどないような暗い道の前方に、ひらがなの「し」のような形に体をくねらせた、白くて縦に細長い物体がうっすらと映し出されている。まるでイモムシのような形状であるが、大きさは人間くらいあるだろうか。まるで道路を横切ろうとしているようにも見える。

 

メキシコで「人間サイズの昆虫」が激写される! くねくねか、芋虫か…不気味画像に衝撃!の画像2謎の物体が撮影されたと思われる道路。画像は「グーグルストリートビュー」より引用

 撮影場所のセロ・デ・ラ・カラベラは「骸骨の丘」という意味で、地元ではたびたび不気味な現象が起こる場所として知られているという。この写真は当初、撮影者自身のTwitterアカウントにアップされたようだが、現在は削除されてしまったようで、ブログやYouTubeなどに転載されたものしか見ることはできない。

メキシコで「人間サイズの昆虫」が激写される! くねくねか、芋虫か…不気味画像に衝撃!の画像3画像は「YouTube」より引用

 英語圏のブログやYouTubeでは、巨大なワームか昆虫だと騒がれているが、日本のオカルトに親しんだ我々は別のものを思い出さないだろうか。そう、「くねくね」である。

 くねくねとはその名の通り、夏の田園などに現れる白くて細長い体をクネらせる謎の存在で、はっきりと視認したりその正体を理解したりすると精神に異常をきたすという。『日本現代怪異事典(朝里樹・著、笠間書院)』によれば、2000年頃に怪談系ウェブサイトに投稿されたのが初出という、比較的新しい都市伝説の一つである。くねくねは水辺を好むといわれ、海辺にも現れるとされる。今回の写真が撮影された場所もすぐ側に海が広がる場所であり、くねくねが現れるにはふさわしい場所といえるだろう。

 広く認知されるに至った噂話や都市伝説は現実化し、実際に人々の前に姿を現わすようになるともいわれる。スレンダーマンなどはその良い例で、今では多くの画像や動画が撮影されている。くねくねの都市伝説は欧米圏でも知られているようで、英語版やドイツ語版のWikipediaも存在する。検索すると英語に翻訳されたくねくねの怪談がかなり出てくるので、海外のホラー好きの間でもそれなりに知られているようだ。メキシコに姿を現した物体の正体は、海を越えて現実化したくねくね……かもしれない。

参考:「YouTube」「INEXPLICATA-THE JOURNAL OF HISPANIC UFOLOGY」ほか

TOCANA編集部

TOCANA|世界をオルタナティブな視点で読み解く
Twitter: @DailyTocana
Instagram: tocanagram
Facebook: tocana.web

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

人気連載

フォトショ以前のコラージュ写真と戦前の犯罪現場写真集! 驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する奇妙な本

フォトショ以前のコラージュ写真と戦前の犯罪現場写真集! 驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する奇妙な本

――【連載】驚異の陳列室「書肆ゲンシシャ」が所蔵する想像を超えたコレクションを徹...

2022.11.17 17:00歴史・民俗学
「ロシアは弱い核兵器を使わない」 最強水爆“ツァーリ・ボンバ”級核でウクライナを完全破壊か?(ジェームズ斉藤)

「ロシアは弱い核兵器を使わない」 最強水爆“ツァーリ・ボンバ”級核でウクライナを完全破壊か?(ジェームズ斉藤)

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.10.25 20:00第三次世界大戦
ロシア軍敗北は演出、クリミア橋爆破は「核兵器使用のため」だった! プーチンの謀略で“欧州経済崩壊&NATO分裂”へ(ジェームズ斉藤)

ロシア軍敗北は演出、クリミア橋爆破は「核兵器使用のため」だった! プーチンの謀略で“欧州経済崩壊&NATO分裂”へ(ジェームズ斉藤)

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Ja...

2022.10.24 20:00第三次世界大戦
円安は来年3月に終わるはずだった…「1ドル=200円超」岸田政権の売国級判断で貧困加速へ! ジェームズ斉藤

円安は来年3月に終わるはずだった…「1ドル=200円超」岸田政権の売国級判断で貧困加速へ! ジェームズ斉藤

【連載:某国諜報機関関係者で一切の情報が国家機密扱いのジェームズ斉藤(@Jame...

2022.10.20 20:00陰謀論・政治
年末に向けて心身を整える波動商品3選! 人工知能にも勝てる美容クリーム、金運が上昇する念写写真、低周波が効く波動鉱石

年末に向けて心身を整える波動商品3選! 人工知能にも勝てる美容クリーム、金運が上昇する念写写真、低周波が効く波動鉱石

 不思議ジャーナリストの広瀬学氏は、科学では解明できないこの世の不思議を探求...

2022.11.18 14:00スピリチュアル

メキシコで「人間サイズの昆虫」が激写される! くねくねか、芋虫か…不気味画像に衝撃!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル