鹿児島の死者が土葬された「溶けゆく墓」の怪異! ボロボロの着物を着た老婆が現れ…!

関連キーワード:

,

,

,

,

,

鹿児島の死者が土葬された「溶けゆく墓」の怪異! ボロボロの着物を着た老婆が現れ…!の画像1

 鹿児島港から南南西に470キロほど離れたところに浮かぶ徳之島。レンタカーを借りて島を走ってみると、あふれんばかりの自然が広がっていることに驚かされる。このような島に住むことができたら、100歳くらいまで生きられるような気がしてくる。実際、徳之島は、長寿の島としても知られており、慶応元年(1865年)に生まれた故・泉重千代(元・長寿世界一)さんや、故・本郷かまとさんもこの島の出身だった。

 徳之島で目を奪われるのは、セルリアンブルーに輝く海だ。とりわけ、朝早く見る海の美しさには、心を洗われる。もちろん海の幸や山の幸も美味しい。本当に天国のようなところだが、ある集落に不思議な墓地がある。聞くところによると、その墓地に立ち並んでいる墓石が少しずつ溶け出しているという。古くなった墓石は、文字が読めなくなっているものも多いが、この墓地にある墓は、墓石自体が溶け出しているのだ。ある老人(72)は、次のように語る。

鹿児島の死者が土葬された「溶けゆく墓」の怪異! ボロボロの着物を着た老婆が現れ…!の画像2

「あの墓地には、80以上の墓がありますよ。その中には、大きな桶に遺体を入れて土葬しているところもありますね。このような墓では、埋葬してから数年経つと墓を掘り起こして骨を拾い、骨壺に入れてから埋め戻すことになっているのですが、それができていないところがあります。もちろん、それは風習というか習俗でもあるので問題のないことですが、それにしても不思議なことですねぇ。この夏は、これまでにないくらい暑かったのですが、そのせいなのでしょうか? 本当にどんどん墓石が変形していくのです。土葬されている人たちは、『早くここから出してくれ!!』と言っているのでしょうかねぇ……」

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ