1986年の「日航ジャンボ機UFO遭遇事件」に新展開! パイロットの手記発見「2機のUFOに付きまとわれ…」

 1986年11月17日、日本航空の貨物機が米アラスカ州上空でUFOと遭遇する事件があった。日本のみならず米国でも大きく報じられたものの、目の錯覚として片付けられて長く忘れられていた本事件だが、最近になって米連邦航空局(FAA)が作成した大量の報告書がインターネット上に公開され、大きな話題となっている。

1986年の「日航ジャンボ機UFO遭遇事件」に新展開! パイロットの手記発見「2機のUFOに付きまとわれ…」の画像1日本航空のボーイング747-246F型機。画像は「Wikipedia」より引用

 9月21日、政府機関に対しUFOやCIAの秘密計画などについての情報開示を求めるウェブサイト「The Black Vault」に、新たな文書が掲載された。それは1986年にアラスカで起きた、いわゆる「日航ジャンボ機UFO遭遇事件」についてFAAが作成した1569ページにも及ぶ秘密文書である。これらの報告書の存在は「ディスクロージャープロジェクト」により2001年には明らかになっていたのだが、すでに廃棄されたとしてその内容の全貌は不明なままだった。だが、それから17年経った今年、米国立公文書記録管理局にそのコピーが存在することが明らかとなったのである。

 The Black Vaultのサイトから、今回発見されたファイルをダウンロードできる。飛行記録やレーダーの記録はもちろん、関係者の証言やインタビュー、当時の報道の様子など様々な情報が含まれている。

 その中でも興味深いのは、事件の目撃者であるパイロット・寺内謙寿さんの直筆のイラストや「未来との出会」と題された手記であろう。上記サイトのファイル一覧のうち「Written Statement by Capt. Terauchi [In Japanese]」というタイトルで掲載されているPDFがそれに当たる。このファイルを元に、改めて本事件をご紹介しよう。

1986年の「日航ジャンボ機UFO遭遇事件」に新展開! パイロットの手記発見「2機のUFOに付きまとわれ…」の画像2画像は「The Black Vault」より引用

■日航ジャンボ機UFO遭遇事件

 1986年11月17日。JAL1628便(日本航空のボーイング747-246F貨物機)はフランス産のボジョレーヌーボーの大量輸送という任務を帯びてパリを飛び立ち、東京へと向かって、アラスカ上空を高度10600mを時速900~910kmほどで飛行していた。現地時間午後5時5分ごろ、アンカレッジの管制塔とコンタクトを取った直後、航空機は奇妙な光と遭遇する。

 それは航空機の左30度前方、下方600mほどの場所を飛行していた。最初は軍用機か何かだと思い、機長の寺内さんもあまり気に留めていなかったというが、いつになっても位置を変えないことが気にかかり、ついに管制塔に問い合わせた。だが、管制塔からの返答はJAL1628便以外に機影はないというものであった。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ