• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3

 1986年11月17日、日本航空の貨物機が米アラスカ州上空でUFOと遭遇する事件があった。日本のみならず米国でも大きく報じられたものの、目の錯覚として片付けられて長く忘れられていた本事件だが、最近になって米連邦航空局(FAA)が作成した大量の報告書がインターネット上に公開され、大きな話題となっている。

0927JAL-UFO-1.jpg
日本航空のボーイング747-246F型機。画像は「Wikipedia」より引用

 9月21日、政府機関に対しUFOやCIAの秘密計画などについての情報開示を求めるウェブサイト「The Black Vault」に、新たな文書が掲載された。それは1986年にアラスカで起きた、いわゆる「日航ジャンボ機UFO遭遇事件」についてFAAが作成した1569ページにも及ぶ秘密文書である。これらの報告書の存在は「ディスクロージャープロジェクト」により2001年には明らかになっていたのだが、すでに廃棄されたとしてその内容の全貌は不明なままだった。だが、それから17年経った今年、米国立公文書記録管理局にそのコピーが存在することが明らかとなったのである。

 The Black Vaultのサイトから、今回発見されたファイルをダウンロードできる。飛行記録やレーダーの記録はもちろん、関係者の証言やインタビュー、当時の報道の様子など様々な情報が含まれている。

 その中でも興味深いのは、事件の目撃者であるパイロット・寺内謙寿さんの直筆のイラストや「未来との出会」と題された手記であろう。上記サイトのファイル一覧のうち「Written Statement by Capt. Terauchi [In Japanese]」というタイトルで掲載されているPDFがそれに当たる。このファイルを元に、改めて本事件をご紹介しよう。

0927JAL-UFO-3.jpg
画像は「The Black Vault」より引用

■日航ジャンボ機UFO遭遇事件

 1986年11月17日。JAL1628便(日本航空のボーイング747-246F貨物機)はフランス産のボジョレーヌーボーの大量輸送という任務を帯びてパリを飛び立ち、東京へと向かって、アラスカ上空を高度10600mを時速900~910kmほどで飛行していた。現地時間午後5時5分ごろ、アンカレッジの管制塔とコンタクトを取った直後、航空機は奇妙な光と遭遇する。

 それは航空機の左30度前方、下方600mほどの場所を飛行していた。最初は軍用機か何かだと思い、機長の寺内さんもあまり気に留めていなかったというが、いつになっても位置を変えないことが気にかかり、ついに管制塔に問い合わせた。だが、管制塔からの返答はJAL1628便以外に機影はないというものであった。

コメント

3:匿名2018年10月11日 16:04 | 返信

真実か否かということよりも、いかさま博士号さえも出すあのW大のO元教授に代表されるように、日本のアカデミーには極めて偏向的な側面が見られることが問題だな。一般に非科学的と印象付けられた対象については、はなから科学的に研究、分析しようとはせず、既存の概念や事実で否定できるとのスタンスを有する学者が少なくない。一方、軍事技術については、知見ではなく思想的にこれを否定している。およそアカデミーやら学者やらの姿勢にはほど遠い。この日航パイロットによる目撃の件も、現代の科学的知見でこうした物体や事象の説明がつくのかどうか、本来なら各専門分野の複数の学者らが自由に意見を出し合うべきだろ? しかし、そういう学者は日航のパイロットのように、身内からはヘンなやつと思われてしまう。だが、こういう窮屈で偏向的な日本の糞アカデミックな環境こそが、むしろヘン。素人や芸人が、おちゃらけ番組や雑誌やらでどうたらこうたら言ってもしかたない話なんだからさ。

2:匿名2018年10月10日 23:20 | 返信

たぶん真実だと思う。見た人が日航の機長でとても詳しく書かれてるね。いつまでufoのことを
米国や日本は隠し続けるんだろうね。 ただこのufoが宇宙人の物なのかはわからない。米国で作られたものかも知れない。だとしたら宇宙遠くまでは飛べてない。せいぜい成層圏ぐらいまでかな
軍事目的で作られて空へ飛ばしてるんじゃないのかな。

1:匿名2018年10月 9日 19:39 | 返信

ワインを強奪しにきたんだよ。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。