人工知能を神の領域まで高める「人工ニューロン」技術爆誕! 背後にイルミナティの影… ロゴマークに証拠!?

人工知能を神の領域まで高める「人工ニューロン」技術爆誕! 背後にイルミナティの影… ロゴマークに証拠!?の画像1イメージ画像:「Thinkstock」より

■ついに人工知能を超越する人工ニューロンが開発された!

 昨今の人工知能(AI)の発達は目覚ましい。将棋などの対局から明らかになったように、その処理能力や予測能力は“感情を持たない”という点以外は、とうに人間を凌駕している。しかし今、そんな人工知能分野にとてつもない進歩をもたらす驚くべきプログラムが開発された。

人工知能を神の領域まで高める「人工ニューロン」技術爆誕! 背後にイルミナティの影… ロゴマークに証拠!?の画像2画像は、「Science Advances」より引用

 2018年1月26日付の科学誌「Science Advances」上に、アメリカ国立標準技術研究所(NIST)が開発している「人工ニューロン」の詳細が発表された。人工ニューロンとは、簡単に言えば人間の脳神経系を模したネットワークのことだ。人間の脳と同じく学習によって次々と人工シナプスの結合強度を変化させ、問題処理・解決能力を高めていく。もちろん、それは人間の脳よりも高速かつ効率的で、既存の人工知能よりも優れたエネルギー効率を発揮する。今後、人工ニューロンの応用により、人工知能には無理だと考えられていたことが次々と可能になり、現実がSF世界に一気に近づくことになるという。

 現在、NISTが研究開発中の人工ニューロンでは人工シナプスが毎秒10億回以上も発火し(電気刺激が生じて情報が処理される)、それにもかかわらず必要なエネルギーは有機的シナプスの1万分の1にとどまる。


■日本を含め各国も人工ニューロンに注目!

 もちろん、我が国でも人工ニューロンの研究開発が進んでいる。2017年7月、産業技術総合研究所(産総研)ナノスピントロニクス研究センター金属スピントロニクスチームの常木澄人研究員、薬師寺啓研究チーム長、同研究センターの久保田均総括研究主幹、福島章雄副研究センター長らが、フランスのパリ・サクレー大学、そしてNISTと共同で、スピントルク発振素子(STO)を用いた人工ニューロンを考案、原理を実証したと発表している。

 研究チームは、この人工ニューロンを使って人間の脳神経回路網を模したニューロモロフィック回路音声認識システムを構築するとともに、人間が発声した「0」~「9」までの数字(英語)を認識する実験を行った。すると、学習回数が少なくても、なんと最大99.6%もの正答率だったという。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ