• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2

 今、スピリチュアル界で話題騒然の開運写真家・秋元隆良。写真コンクールで多くの受賞経験を持ち、公益法人国際文化カレッジの行うフォトマスターエキスパートの資格も取得、愛知県フォトマスター主任試験管を12年間務める彼は、元々は“普通の”優秀な写真家だった。だが、あることがきっかけとなり、突然“開運写真”が撮れるようになってしまったのである。今回はそんな秋元さんに開運写真について聞いた。

re-akiDSC_0215.jpg
秋元隆良

――秋元さんの写真はとにかく開運できると話題ですね。

秋元 少し前には、月刊「ムー」さんでも紹介されて、大反響だったんですよ。大変な量の注文がきましたね。ほかに「ゆほびか」でも巻頭特集で私の写真が掲載されるなど、なぜだか私の作品が今話題みたいでして。どうしてだか、私の写真を飾った人には幸せが舞い込むことが多いみたいで……。あまりにもそういったお声をいただくものですから。

――元々不思議なチカラなどが秋元さんにはあったのでしょうか?

秋元 いいえ、とんでもございません。私は普通のカメラマンでしたし、自慢ではないですが「JR東日本の駅のポスター」の写真に選ばれたこともあるんですよ。

 でも、数年前に知人の駐車場で「なにか変な生命体がいる」ということで「撮影してくれないか」と頼まれたんです。

 私がそこへ行くと、駐車場の地下の水たまりに、たしかに何かヘンなものがいたんですよ。よくわからない透明な生命体が水たまりを這うように高速回転しながら動いているんです。それと連動して、落ちていたタバコもくるくるまわっていて。目で追っていくと、水しぶきをあげたり、渦をつくったりしていて「なんじゃこりゃ」ですよ。夢中で撮影しました。

akimoto1016-4.jpg
その時撮影した未知の物体/タバコとタバコの間、水の上に浮かぶ白っぽい物体
akimoto1016-5.jpg
その時撮影した未知の物体/左中央、タバコの下辺りで回転する白い物体

――この世のものではなかった?

秋元 我々の知らない透明な動物です。それが大暴れしているんです! 真ん中が空洞で、台風の目のようになっていたりして。私はその正体が知りたくて地べたに這いつくばって撮影していました。そしたらその生命体がシャーッとこちらにやっきて、私の口にスポッと入ってしまった。

――エエーッ!! 食べちゃったんですか?

秋元 そういうことになりますね(笑)。おそらく、この未確認生物の撮影が今の私の活動に繋がっているといえるでしょう。それから不思議なことが起きるようになって。撮影した写真の作品の中に、なにか“不思議なもの”が映り込むことが増えていったのです。しかも、その写真を飾った人々は幸せになるという……。

 もちろんそれまで普通のカメラマンでしたので、はじめはそんなことができるようになったと人に言うことも躊躇していました。娘や家族からも変な目で見られますしね(笑)。でも、どんどん反響が大きくなるので、今はこの仕事を楽しんで責任をもってやっていますよ。

関連キーワード

コメント

2:匿名2018年10月18日 19:40 | 返信

未確認生命体はハゲに効果無いってことは確かだな

1:匿名2018年10月17日 21:50 | 返信

くるくる回る謎の物体って動画でなきゃよくわかりませんね。

神社随身門の前のモヤのようなもの、あれはその辺に湿気が多くあったせいでカメラがそう映せただけだろう。 オーブもそうだよ。周りが湿気や雨、雪などによる水分があったから。
カメラのレンズについてたり、空気中にごみや塵などの浮遊物が水分や湿気を取り込んでいるから不思議な映像ができるんだ。ちょっとコツを掴めば誰でも撮影出来るようになりますよ

でもこの人はかなり不思議っぽい撮影がいろいろ出来てるようですね
それはそれで素敵だと思います。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。