• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2

 ある夜、いつものように寝室で眠っていたら、突然恐ろしい姿のエイリアンが現れて、UFOへと連れ去られ、人体実験の材料にされた――いわゆるエイリアンによる誘拐事件の証言には驚くほど高い類似性があるという。それこそがエイリアンアブダクションが夢でも幻覚でもないことの証拠であると、長年アブダクション被害者の証言を集めている元大学准教授は主張している。オルタナティブメディア「Collective Evolution」(9月21日付)が報じた。

1017abduction-1.jpg
画像は「Collective Evolution」より引用

■アブダクションの謎を追う研究者

 デイビット・M・ジェイコブス氏は米テンプル大学の元歴史学准教授でUFO現象の学術研究で名の知られた人物である。1970年代以降は特にエイリアンアブダクション事件に取り組んでおり、世界各地で多数のアブダクション被害者(アブダクティ)の証言を集め、論文や書籍も多数出版している。2015年に発表された著書『Walking Among Us: The Alien Plan to Control Humanity』は『ヒトが霊長類でなくなる日(竹書房)』というタイトルで邦訳も出版されており、アメリカのみならず世界中でUFO研究の大家として知られる人物だ。

 ジェイコブス氏によれば、アブダクションはアメリカのみならず、アフリカ、アジア、ラテンアメリカ、ヨーロッパと世界中で確認されており、その証言には驚くべき類似性が見られるという。つまり、寝ているところを連れ去られ、UFO船内で実験や尋問を受けたりし、気がついたらベッドに戻っていたというようなストーリーである。そして、その後多くの人はアブダクションの経験を忘れてしまうが、カウンセリングで記憶を取り戻すという事実も共通しているだろう。また、アブダクティたちの体には似たような傷跡が残されており、テレパシーで人間の進化と地球の危機についてエイリアンから教えられ、強く反省の意識を持ったという証言も多い。

 ジェイコブス氏が集めた膨大なアブダクティの証言は、世界中どこの国でも、貧富や教育レベル、職業、アブダクションの知識の有無などの違いを超えて、ほぼ一貫性が合ったという。なぜそんな類似性が見られるのか? それはUFOがエイリアンクラフトであり、目的を持って人々を連れ去っているから――というのがジェイコブス氏の主張である。

アブダクティーの証言。後半にはジェイコブス氏による解説も(英語)。動画は「YouTube」より引用

コメント

2:匿名2018年10月18日 23:45 | 返信

ハーバード大教授の有名なジョンマックが、アブダクションされたという人の証言を何百人と調べて
あったと最終報告出してるんだからあったんだろう
まあそのあと不可解な死を遂げたがね

1:匿名2018年10月18日 23:32 | 返信

「誘拐」つまり隠れてコソコソやってる以上は、伝えたい事なんて何もないよw
人間の意識の向上なんて、何も考えちゃいない。
人間が動物を捕獲して調査するのと同じ目的だろう。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。