• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
tenTCN4.JPG
天皇賞(秋)に社台グループの生産馬が終結

■天皇賞(秋)がヤバすぎる混戦模様!

 平成最後となる第158回天皇賞(G1)に豪華メンバーが集結した。2頭の日本ダービー馬を筆頭にG1ホースが8頭、これほどのメンバーが集まるのは異例とも言えるだろう。まず、出走予定馬は以下の通りだ。

ヴィブロス     牝5 友道康夫「ノーザンファーム」
レイデオロ     牡4 藤沢和雄「ノーザンファーム」
ステファノス    牡7 藤原英昭「ノーザンファーム」
ミッキーロケット  牡5 音無秀孝「ノーザンファーム」
マカヒキ      牡5 友道康夫「ノーザンファーム」
スワーヴリチャード 牡4 庄野靖志「ノーザンファーム」
ディアドラ     牝4 橋田満 「ノーザンファーム」
サングレーザー   牡4 浅見秀一「追分ファーム」
サクラアンプルール 牡7 金成貴史
ブラックムーン   牡6 西浦勝一
アルアイン     牡4 池江泰寿「ノーザンファーム」
キセキ       牡4 中竹和也
ダンビュライト   牡4 音無秀孝「ノーザンファーム」
アクションスター  牡8 和田勇介「白老ファーム」

 残念ながらワグネリアンは体調不良のため回避となったが、マカヒキ、レイデオロの日本ダービー馬に対し、天皇賞(秋)と同じ2000mの距離でG1を勝利しているアルアイン、ヴィブロス、ディアドラ。宝塚記念を勝利したミッキーロケットと昨年の菊花賞馬キセキ。さらに札幌記念優勝馬サングレーザーなど、まさにどの馬が勝つか分からない、ハイレベルな混戦模様と言えるだろう。

 これだけのメンバーが揃えば、それぞれに思惑もあるだろう。もしかしたら、この天皇賞ではなく、次のジャパンカップが狙いという馬もいるかもしれない。特に7頭のG1馬を筆頭に9頭が出走するノーザンファームには、関係者だけが考える「意図」もあるはずだ。レースには、この9頭を含め合計11頭の社台グループ生産馬が出走。そのほとんどが有力馬であることから、ズバリ社台グループの情報や思惑を把握することこそ的中の近道だ。


■勝つための情報を握る「競馬セブン」がスゴい!

 今や競馬界を席巻する社台グループだが、各スポーツ紙はじめマスコミには社台グループの情報を徹底的に収集した記事はない。これだけ活躍しているにもかかわらず、である。これは、社台グループが予想を扱うマスコミに対して非協力的だからだろう。そこで、この状況を打破するために、ノーザンファームを含め社台グループの情報を知り尽くす「競馬セブン」に話を聞くことにした。

 社台グループは日本を代表するオーナーブリーダーで、ディープインパクトやオルフェーヴルといった名馬を生産。その代表格であるノーザンファームは、秋華賞で牝馬三冠を達成したアーモンドアイの生産者でもある。国内外で活躍馬を輩出し、10年以上も日本の生産者と馬主リーディングの上位を独占、まさに“日本競馬のドン”と言われるほどの存在だ。

 日本競馬においてなくてはならない存在であり、特に重賞レースでの実績は群を抜いている。まさに馬券に直結する存在といって間違いない。この社台グループ情報を把握することが、馬券で勝者に、天皇賞(秋)の的中に繋がるのだ。

「競馬セブン」は1997年に創業した老舗の競馬情報会社。徹底した現場主義で騎手、調教師、生産界、馬主などから本物の情報を収集。現代競馬のカギを握る「トレーニングセンター・馬主・馬産地」の情報を網羅しており、その実績は他に類を見ないと言われるほど。

 その中でも、特に社台グループの情報に力を入れているのが特徴だ。前述のように社台グループの情報を集めるのは容易ではない。社台グループの規模は北海道から東北、関東、関西まで全国に及び、そして膨大な数の馬がいてそれぞれに情報がある。さらに、表面的な人間関係では、彼らから本物の情報を入手することはできない。しかし競馬セブンには、元社台スタリオンステーション荻伏で場長を務め、社台グループが日本で一強になる礎を築いた巨匠の林勲が所属している。その林を中心に社台系専属情報ルートを確立。まさに社台グループのすべてを知る存在であり、全国を見てもこれほどの人材が所属しているのは競馬セブンのみである。

 その林が社台グループ情報を統括し、騎手情報と調教師情報は元JRA競馬学校の教官で、現役騎手の半数近くが教え子という競馬セブン総監督徳吉一己と、現場歴40年以上の現役競馬記者古川幸弘と元JRA調教師の嶋田潤が完全掌握。さらに元札幌馬主会理事の斉藤隆が、馬主・生産者情報をガッチリ抑えており、天皇賞(秋)に向けて万全の情報収集態勢が整えられている。

 競馬セブンは今年のG1レースにおいても、フェブラリーステークスの3連単4万馬券を筆頭に、桜花賞、天皇賞(春)、ヴィクトリアマイル、オークス、宝塚記念など社台グループの生産馬が勝利したG1レースで的中を連発。特に大波乱となった宝塚記念では、馬連だけで217万9000円を獲得しているが、紛れの多いG1レースでも的中できる理由が、この情報収集力にあるのだ。

tenTCN2.jpg
宝塚記念で衝撃の的中!一撃で92万0000円獲得!


■人気にならない激走情報馬が存在!?

 競馬セブンの担当者は、天皇賞(秋)に向けて重要な社台グループ情報を完全に把握していること、さらにその自信の強さを教えてくれた。

天皇賞、ジャパンカップ、有馬記念と王道G1レースが続きますが、関係者がどのレースに的を絞っているかが重要です。現時点では3戦すべてを勝てると断言できる馬はなく、どのレースに照準を合わせているか、陣営の思惑が的中へのカギとなるでしょう。

 我々は、他では絶対に知ることができない極秘情報を入手できます。この天皇賞(秋)においても、危険な人気馬、人気薄馬の大駆け情報など各陣営の本音は入手済み。実は人気にならない激走情報馬の存在があり、これは公にはならないごく一部の関係者しか知り得ない勝負ネタです。当然、馬券に関しても好配当は間違いないでしょう」

 なお、競馬セブンでは、今回特別に、この記事を読んでいる読者に向けて『天皇賞・3点勝負買い目』を無料で配信する特別企画を実施するとのこと。社台グループ情報を完全に把握した競馬セブンが提供する厳選3点。しかも人気薄情報馬で好配当も期待できるというのだから、これは利用しない手はない。

 しかも、来週以降も様々な無料コンテンツが利用できるとのことで、ますます盛り上がる秋競馬に手放せないものとなりそうだ。まずは天皇賞(秋)に向けて、この無料情報を今すぐチェックしよう。

CLICK → 特別無料公開!「天皇賞秋・3点勝負買い目」競馬セブン


※本稿はPR記事です。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。