• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
LIA_02.jpg

 今年、「動物愛護法(動物の愛護及び管理に関する法律)」が5年ぶりに改正されることが期待されている。現状、同法に違反すると以下のような刑事罰が科される。

・ 愛護動物をみだりに殺したり傷つけた者
2年以下の懲役または200万円以下の罰金
・ 愛護動物に対し、みだりに餌や水を与えずに衰弱させるなど虐待を行った者
100万円以下の罰金
・ 愛護動物を遺棄した者
100万円以下の罰金

 1999年12月、飼い主や業者の責任を徹底するため、かつての「動物の保護及び管理に関する法律」を法改正して制定された動物愛護法だが、さらに2005年と2013年の改正を経て、少しずつ時代の要請に応じた形へと変化を遂げてきた。しかしそれでも、動物は基本的に人間が所有する「モノ」と同等に扱われることから、虐待などの残虐行為による犠牲が後を絶たない。一刻も早く、同法違反のさらなる厳罰化と、動物が「モノとしてではなく命として扱われる」社会を――年内の法改正を求めて全国各地で動物愛護団体などが活発に動いている。

LIA_01.jpg
画像は、「LIA」より引用

 そのような中、筆者は動物愛護団体「LIA(Life Investigation Agency)」のヤブキレン氏にインタビューを敢行、同団体が訴え続ける“ペット繁殖業者の闇”について徹底取材した。LIAは日本で唯一、動物虐待現場に潜入調査を行っている団体で、代表を務めるヤブキレン氏は、かつて俳優・モデルとしても活動していたという異色の経歴の持ち主。LIAによると、ペットの繁殖・販売業者の背後には暴力団の存在があるケースが多く、そこでペットたちは極めて酷い扱いを受けているというが――。

コメント

2:トランプ大統領2018年10月28日 04:36 | 返信

>>1

どこが動物愛護なんだ?動物を物として製造し売っている時点で虐待である。
新たに新生物を生み出す行為も環境破壊だ。
動物愛護という考え方も間違っている。なんでも保護するのはよくない。
やはり、生きていてはいけない生物は存在するし、下らん法律のせいで害獣駆除の妨げになる。
自然保護という観念で考えてみたほうがいい。
自然の生き物以外は生み出してはいけないし、ペットも許可制にして税金を取るべきなのだ。
そうすれば、自由に害獣をぶっ殺せて平和にできる。
それと密漁などもってのほかだ。そんなことするくらいなら、レッドリストの動物を繁殖させて
環境に貢献しろ!増えすぎたら家畜として解体してもよい。

お前はどっちなんだ?外人か?日本人か?それともロボットか?
どちらにしろ、私が築いた壁の前ではゾンビのような存在である。
我がアメリカ軍の力で必ず排除してやる!
人間などイカレタ神の作ったペットにすぎない。
将来は人間もターミネーターによって駆除され、そのペット同様に肥料にされるだろう。
シュワちゃんそっくりのロボットによってブラックジョークで始末されるがいい。
不要な人間はすべて処分するのだ。


1:匿名2018年10月27日 16:29 | 返信

愛護動物か。
羨ましいぜ。
今の日本政府にとっては、外国人は愛護動物だけど、日本人は畜産動物扱いだ。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。