• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント5

 体の不調を感じて、あるいは定期検診や妊娠・出産など我々の生活に不可避な医療機関だが、それ以外の目的で利用する人も増えている。10月11日付の英紙「The Daily Mail」は、病院を利用したことで人生が大きく変わってしまった人物のある出来事を報じている。


■大きな胸が原因でさまざまなストレスに襲われる日々

thirdbreast1.JPG
フェレル・ジョンソンさん 「Daily Mail」の記事より

 カリフォルニア州北部の都市、メアリーズビルに住む不動産業者のフェレル・ジョンソンさん(65歳)は乳房縮小術を受けて新たな人生を始めるつもりが、望んでいたバストを手に入れるかわりに劣悪な施術によるダメージに苦しむこととなってしまった。

 フェレルさんは14歳でDカップに達した後、体重の増加に伴いEカップのバストに恵まれるも背中に負担がかかるようになってしまった。乳房縮小術は自身が長年望んでいたことだったのだ。

 しかし、ただ年月だけが過ぎ2014年のこと、息子のコートニーさんが34歳で自ら命を絶ってしまったのだ。何もする気が起きず、また悲しみと向き合うこともできずに苦しみ続けた末、フェレルさんは切望していた手術を受けるべく、とある外科医にたどり着いた。手術を受けて以前の暮らしに戻りたいと願っていたが、Dカップを望んでいたバストはBカップにまで縮み、さらなる悲劇が彼女に襲いかかったのだ。

 施術は全身麻酔のもと行われ、術後は専用のブラジャーを着用し、包帯も巻かれていたためにフェレルさんが自分の身に何が起きているのかを知ったのは術後2週間のことだった。患部を清潔に保つため、看護師の友人には手袋をはめた手で包帯を外してもらった。右腕の下に違和感を感じたが、それは体が回復に向かっているからだと思っていたとフェレルさんは語る。

thirdbreast2.JPG
画像を見て納得。確かにこれは3つ目のおっぱいに見えますね 「Daily Mail」の記事より

 そして初めて施術後の体を見た際、鏡に映ったのは何かの塊がぶら下がった上半身だった。一人自宅でその姿を目の当たりにし、あまりの衝撃に泣き崩れてしまったフェレルさんは、その時の様子を「まるで3つ目の乳房があるようでした」と話す。右胸には壊死した脂肪が、そして腕の内側には余分な肉でできた乳房のように見える物体が残った。

コメント

5:匿名2018年11月 4日 13:03 | 返信

何か3と4がちょっぴりカオスw

4:匿名2018年11月 2日 08:29 | 返信

ビリーでブートのキャンプを視なさい❗

3:匿名2018年11月 1日 20:23 | 返信

いや、壊死してんだから都内とヤバいやろ?

2:匿名2018年11月 1日 17:00 | 返信

>1
でもアメリカ人で65歳ならこれでもまだマシな気がする…30~40代ですっごいのも多いし。
親から貰った身体にメスを入れる行為に反対は同意。痩せたら乳も小さくなったかもね。

1:肥溜めの家にかかってるノロいw2018年11月 1日 16:19 | 返信

まずその腹、何とかならないか?おかしいだろ普通に。それからアクセも何となく似合っていない気がする。息子が自殺、不幸は誰にでも起こる。だからしっかりしろよとは言わない。身体にメスを入れる行為は勧めないな。親から貰った大事な身体だから。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。