安田純平氏の“気質と正体”会見で露呈! 放送禁止用語も飛び出し、日本政府にもチクリ… 神妙な態度は冒頭10分だけ!

関連キーワード:

,

,

,

 ジャーナリスト・安田純平氏が2日に行った記者会見が波紋を広げている。各方面から自己責任論が渦巻くなか、冒頭で「私の解放に向けてご尽力頂いた皆さんにおわび申しますとともに、深く感謝申し上げます。本当にありがとうございました」と謝罪したものの、その後は予定時刻をはるかにオーバーする“独演会”を展開。2時間40分に及んだ会見から安田氏の“本性”が見えてきた――。

 日本記者クラブで行われたこの日の会見は当初、1時間の予定で、冒頭30分間が安田氏の回顧、後半30分が質疑応答のはずだった。司会進行を務めたのは、テレビでもおなじみテレビ朝日の解説委員で日本記者クラブ会員の川村晃司氏。安田氏は取材ノート片手にシリア入りした2015年6月22日から記憶を辿っていったが、1日1日を細かく振り返っていくため、先に進むのが恐ろしいほど遅い。解放されたのは2018年10月23日だが、予定されていた30分ではわずか1カ月ほどしか経過しなかった。この時点で報道陣の間では「まさかずっとこの調子なのか…」と不穏な空気が流れ始める。

 そんななかでも、聞き逃せなかったのは、安田氏が武装集団に拘束された原因だ。安田氏は当初、2015年にイスラム国(IS)に殺害されたジャーナリスト仲間の後藤健二さんが使っていた通訳から紹介された人物を介してシリア入りするはずだった。安田氏の説明では、その人物とシリアの国境を超え、そこで待たせてある車に乗り込む手筈となっていたが、何をトチ狂ったのか、安田氏はその人物が目を離したスキに、シリアに向かう別の集団の男性から声を掛けられ、付いて行ってしまったという。当時を振り返り安田氏は「なぜ付いていってしまったのか、自分でもわからない」。例えるならば、母親に「そこで待っていなさい」と言われたのに、見知らぬ人に「アメちゃんあるからおいで」と誘われ、付いて行ってしまった子供と同じだ。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ