京都で目撃される「白い宇宙人」がヤバすぎる! 真っ白い肌でお尻に目… 妖怪かUMAかエイリアンか、古都には何かがいる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント8

1120kyoto-3.jpg画像は「Getty Images」より引用

■教師が見たもの

 2つめの事例は、未確認動物のニュースサイト「Criptozoology News」に掲載された事例だ。目撃者は東京在住の日本人英語教師Toriki Watanabe氏(36)である。

 2015年11月30日の午後10時ごろ、結婚式のために東京から京都へと車を走らせていた目撃者は、京都郊外に車を止めて一休みしていた。道路脇の小さな店の前でタバコを吸っていたら、60mほど離れた森の中に人間のような姿をした生物がいるのに気付いたという。

 それは灰色の皮膚で覆われた体長1.8mほどの人間のような生物で、非常に筋肉質な体には服を身につけておらず、猫背で足を地面に引きずっていた。顔は木立に隠れて見えなかったという。

 その生物は森の中を歩き回っていたが、明らかに人間の歩き方ではなく、目撃者が声をかけても反応しなかったという。およそ40秒後、それは姿を消してしまったそうだ。

 この目撃者は「尻目」と呼ばれる妖怪を目撃したと考えているようだ。尻目とは与謝蕪村の蕪村妖怪絵巻にも紹介されている妖怪で、お尻に雷のように光る目がついているのが特徴だという。かつて京都の帷子辻という場所に現れた、のっぺらぼうのような妖怪とされる。

1120kyoto-4.jpg尻目。画像は「Wikipedia」より引用

 京都で目撃される謎のヒューマノイド。その正体はエイリアンか、それとも妖怪か……。古都・京都には何かが潜んでいる。もしも目撃してしまったという読者は、すぐに編集部までご報告いただきたい。

(編集部)


参考:「UFO Stalker」「Criptozoology News」「Freak Lore」、ほか

関連キーワード

コメント

8:匿名 2018年12月11日 15:44 | 返信

これ目なの? ア○ルじゃなくて?

7:匿名 2018年11月28日 04:05 | 返信

スケキヨ!!

6:匿名 2018年11月27日 20:20 | 返信

舞妓と遭遇しただけだろw

5:匿名 2018年11月27日 02:31 | 返信

猿だろ

4:匿名 2018年11月26日 23:33 | 返信

それ目じゃなくて穴でしょ。そんなバカげた内容は誰も信じない。ただそうゆう歩き方をする方はたまーにおられますよw

3:匿名 2018年11月26日 18:40 | 返信

最近全身白タイツを着て逆さま歩きで注目集める奇行種が居るらしいな

2:匿名 2018年11月26日 15:35 | 返信

Bでないのか?

1:匿名 2018年11月26日 12:20 | 返信

『古都・京都には何かが潜んでいる。』
 
確かに、大学も多くヤンチャな青年や、いたずらっ子が沢山潜んでいる。
旅行者はたびたび揶揄われるのでご注意を。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。