【衝撃】20年以内に消滅する8つの国とは!? スペイン、ベルギー、イギリスまで… 日本の未来もヤバい!(最新分析)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント9

6、ベルギー

 ベルギーは、オランダ語の一種であるフラマン語を公用語とする北部フランデレン地域と、フランス語が公用語の南部ワロン地域で二分されており、政治的にも両地域を分割する連邦制を取っている。過去には言語戦争も起こっているが、現在も経済問題などで両者の間にはシコリが残っている。今後20年の間にオランダ語圏とフランス語圏に分割する可能性はあるだろう。


5、中国

【衝撃】20年以内に消滅する8つの国とは!? スペイン、ベルギー、イギリスまで… 日本の未来もヤバい!(最新分析)の画像3画像は「Getty Images」より引用

 Express編集部は中国の大気汚染を指摘している。世界銀行の試算によると、約25万人が汚染により死亡しているそうだ。

 だが、それよりもフランスの家族人類学者エマニュエル・トッドの“予言”の方が、真実味があるだろう。トッドによれば、中国とロシアに代表的な家族類型である「外婚制共同体」は、大帝国を築くものの、指導者の死により崩壊する危険があるという。外婚制共同体家族は、父親に権力があり、子どもたちは年の差に関係なく平等だが、全員が父親に服従し、結婚後も親(父親)と同居するとされている。一言で言えば、父親の前で皆が横並びになる家族形態を持つ。すると、全ての権力が父親にあるため、父親の死により命令系統が失われバラバラになるとされる。

 中国の父親は、強大な権力を持つ習近平である。習近平が亡くなる時が中国の存亡の危機となるだろう。

【衝撃】20年以内に消滅する8つの国とは!? スペイン、ベルギー、イギリスまで… 日本の未来もヤバい!(最新分析)の画像4カダフィ「Wikipedia」より引用

4、イラク

 イラクには3つの主要な勢力が存在する。北のクルド人、西のイスラム教スンニ派、南のイスラム教シーア派である。これは20世紀にイギリスが宗教の違いを無視してオスマン帝国領を分割したためだ。無理のある国境線を引いたことで、3つの勢力がそれぞれ不満を抱えることになったイラクは常に不安定な状態にある。


3、リビア

 リビアを42年間率いてきたカダフィが2011年に殺害されたことにより、現在のリビアは指導者を欠いた国家分裂状態が続いている。対立組織の和平交渉が滞れば、国家崩壊にはさほど時間を要さないだろう。

コメント

9:匿名 2018年12月6日 15:45 | 返信

>> 7

かまってちゃんの釣りネタはスルーしよう。

8:匿名 2018年12月6日 13:00 | 返信

北朝鮮は残念だが消えないね。
韓国を吸収合併してもっと大きくなるだろう。

7:匿名 2018年12月6日 02:06 | 返信

>5
と日本に対してその様なコメントを書き込んでいるけど
まさか日本に住んでいないよね?他国を羨んで妬むよりも
自国をきちんとした人間が住むまともな国に立て直す事をおススメするよ!

6:トランプ大統領 2018年12月6日 01:58 | 返信

カタルーニャは独立すべきだ。スペイン崩壊ともなればサッカー好きなチョンが発狂する。
私だったら、カタルーニャだけでも強いチームを作れるが奴はパーツを集めないと勝つことが出来ない。だから、独立を必死で阻止しようとしている。すべてサッカーのためにやっているのであって
政治には全く無関心なのだ。そもそも麻薬大国のスペインだから、みんな頭が悪くて失業率も高いのではないのか?とも思う。はっきり言って滅びた方がいい。
しかしなぜイスラム国が2位に上がっているのだ?あれは勝手にテロリストが主張しているだけで国ではないぞ!それと日本は私がいる限り島が沈没することはない。偽日本人がはびこっているから人員的には日本は沈没しているが、クローンによる独立をどんな形であれ成し遂げれば復活できる。
俺が作ったシステムで俺しかいない国さえあれば人間や宇宙人に対抗出来るのに残念だ。

5:匿名 2018年12月6日 01:01 | 返信

慰安婦を無かったことにし 徴用工問題にも無関心な歴史から何も学ばないバカ民族日本人こそさっさと消えて欲しいですね 笑

4:匿名 2018年12月5日 23:07 | 返信

崩壊する前には生活保護受給者になっとくとするよ

みんな!
僕の分も元気に働いて支えてね!

3:匿名 2018年12月5日 21:04 | 返信

「何をもって滅亡とするか」って、考えるよな。
政府・統治機能の事を言ってそうだけど
まぁ… どうでも良いわな。
そこに暮らす多くの一般人が、人間的な良い生活を続けて行けるのなら。

2:匿名 2018年12月5日 19:24 | 返信

>> 1

「神との対話」を記したニール・ドナルド・ウォルシュの例をあげるまでもなく、
絶望の先にしか見えてこない、新たな希望というものがあるんだよ。
 
ということで、あんまりトカナ記者をイジメないでね。

1:絶望は存在自体悪なのだ! 2018年12月5日 18:21 | 返信

安寧はいつまでも続かない。必ず終わりはやって来る。

・・・と最後のセリフを描いた記者はくずだ!虫けらだ!絶望者だ!絶望は存在自体悪なのだ!この記事書いた虫けら記者はこの記事を消せ!”!”

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。