宇宙は“負の重力”を持つ「暗黒流体」で満たされていた! ダークマターとダークエネルギーが合体… 宇宙の構造ついに解明か!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
画像は「Outer Places」より引用

 宇宙空間の約27%は「ダークマター(暗黒物質)」、約68%は「ダークエネルギー」が占めているとされる。実に宇宙の95%が未知の物質とエネルギーに支配されていると物理学では想定している。我々が知っている世界はほんの僅かしかないのである。

 そもそもダークマターとは、銀河の回転スピードが「観測されている物質」だけのデータから計算された速度よりも速いことから、物理学者らが「宇宙空間には目に見えない物質があって、重力を及ぼしているに違いない」と考え、想定した仮想物質だ。想定ではあるものの、ダークマターを組み込んだ「Λ-CDMモデル(ラムダ・コールド・ダークマター・モデル)」という宇宙モデルも存在し、物理学者はこのモデルと実際の観測データの折り合いをつけようと日々奮闘している。

画像は「Getty Images」より引用

 そうした中、混迷を極めるダークマター・ダークエネルギー論争に一石を投じる論文が科学ジャーナル「Astronomy」に掲載された。科学ニュースサイト「Outer Places」(12月6日付)が報じている。執筆者のジェイミー・ファーンズ博士(英オックスフォード大学)によると、ダークマターとダークエネルギーは負の質量を持つひとつの液体のような物質だというのだ。

「ダークマターとダークエネルギーは合体し、周囲の物質をはねのける“負の重力”を持つ液体になると考えています。奇妙に見えますが、この液体によって正と負の質が宇宙で対称的になっているのです」(ファーンズ博士)

コメント

1:匿名 2018年12月13日 08:26 | 返信

私たちが科学者から教わるような情報はそのほとんどが嘘で塗り固められたような情報ばかりだそうです。昨今アインシュタインがとなえた定説は間違いだらけだったと言われています。
しかしながら一番間違いが多いのは宇宙に関することでしょうか?
私たちは宇宙に関して言えばまだ何も知らないし知らされてはいないのだと思います。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。