大麻解禁で2020年までに25万人の雇用が生まれると判明! パナソニックと同等、年収2800万円…主な仕事内容5つ!

関連キーワード:

,

,

,

,

大麻解禁で2020年までに25万人の雇用が生まれると判明! パナソニックと同等、年収2800万円…主な仕事内容5つ!の画像1画像は「Getty Images」より引用

 アメリカ各州、カナダ全土で大麻(マリファナ)が合法化され、世界中で合法化の動きが加速しているが、これによって恩恵を受けるのは大麻愛好者だけではない。巨大な雇用創出にも繋がるのだ。

 米ニュース「CNBC」(12月8日付)によると、2020年までに大麻業界が生み出す雇用は25万人に上るという。単純な比較はできないが、「東洋経済ONLINE」(2016年3月24日付)によると、日本の大企業「パナソニック」の正社員数が約25万人。大麻業界は数年で一大企業に匹敵する雇用を生み出すことになる。


●大麻栽培者

大麻解禁で2020年までに25万人の雇用が生まれると判明! パナソニックと同等、年収2800万円…主な仕事内容5つ!の画像2画像は「CNBC」より引用

 そうなると人件費も膨大なものとなる。大麻栽培を取り仕切るのは園芸や農業の大学教育を受けた専門家だ。彼らには高額の報酬88000~250500ドル(約1000~2800万円)が支払われるという。


●大麻収穫人

大麻解禁で2020年までに25万人の雇用が生まれると判明! パナソニックと同等、年収2800万円…主な仕事内容5つ!の画像3画像は「CNBC」より引用

 大麻栽培も農業であるため、収穫しなければならない。収穫時期は限られているため、パートや日雇いのような雇用形態になるが収穫人の存在は必須だ。ただし、誰でも収穫人になれるわけではない。特殊な技術は要しないが、21歳以上であり、米国から許諾を受けている人物しかなれないそうだ。ただ将来的に収穫が機械化されれば、彼らの出番は少なくなっていくだろう。時給は12.25~14ドル(約1400~1600円)ほどになるという。


●大麻調剤師

大麻解禁で2020年までに25万人の雇用が生まれると判明! パナソニックと同等、年収2800万円…主な仕事内容5つ!の画像4画像は「CNBC」より引用

 そして、大麻の流通には大麻の薬剤師も必要になる。大麻調剤師と呼ばれる専門職だ。彼らは薬剤師が薬の専門家であるように、大麻の専門家として大麻に関する広範な知識を有していなければならない。報酬は時給13.25~16ドル(約1500~1800円)になるという。1日7時間週5日働ければ、月に2240ドル(約25万円)ほどになる。

人気連載
6月1〜7日「自粛明け直後のアナタを襲う不幸」がわかる4択占い! トラブル連発の予感… Love Me Doの助言で回避!

6月1〜7日「自粛明け直後のアナタを襲う不幸」がわかる4択占い! トラブル連発の予感… Love Me Doの助言で回避!

■2020年6月1日~7日「今週の不幸を回避し、運命を劇...

人気連載
村人すべてが穴兄弟で竿姉妹!? 「村の平和のため」浮気SEXを黙認する村が東北に実在した!

村人すべてが穴兄弟で竿姉妹!? 「村の平和のため」浮気SEXを黙認する村が東北に実在した!

【日本奇習紀行シリーズ 東北地方】  縁は異なもの味なもの...

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ