1月21日の超巨大地震に注意、2019年3月まで要警戒か!? 発生法則、月の位相、プレート活動… “大震災の予兆”4つ!

1月21日の超巨大地震に注意、2019年3月まで要警戒か!? 発生法則、月の位相、プレート活動… 大震災の予兆4つ!の画像1イメージ画像:「gettyimages」より

 12月に入り、米アラスカ州南部、ニューカレドニア沖……と短期間のうちにM7規模の地震が相次いでいる。その原因は太平洋プレートの活動が活発化しているためと考えられるが、過去を紐解くと12月前後には世界的に大地震が起きやすいことがわかっている。さらに来年1月には大地震を誘発しかねない「スーパー・ブラッドムーン」が控えており、世界一の地震大国である日本は今、まさに“いくら注意してもしすぎることはない”状況だ。


■筆者が見出した「環太平洋対角線の法則」

 今月になって連続している大地震だが、実は「リング・オブ・ファイア(環太平洋火山帯)」という観点から考えると、興味深い事実が浮かび上がってくる。アラスカとニューカレドニアは、リング・オブ・ファイアのちょうど対角線上に位置しているのだ。このように、リング・オブ・ファイアのある地点でM7.0以上の大地震が起きた場合、その対角線上で大地震が連鎖するケースは無視できないほど多く、筆者はこの傾向を「環太平洋対角線の法則」と呼ぶことにしている。

1月21日の超巨大地震に注意、2019年3月まで要警戒か!? 発生法則、月の位相、プレート活動… 大震災の予兆4つ!の画像2環太平洋火山帯 画像は、「Wikipedia」より引用

 日本列島はすっぽりとリング・オブ・ファイア上に収まるが、その対角線上に位置するのはチリやペルーとなる。そして事実、環太平洋対角線の法則に適合する地震は過去に数多く起きている。例を挙げると、1946年11月10日にペルーで起きたM 7.3の地震から1カ月半後となる12月21日、昭和南海地震(M8.0)が発生した。また、2010年2月27日にチリ・マウレ地震(Mw8.8)が起きると、その同日、沖縄本島近海で地震(M7.2)が起きている。その逆も然りで、1970年5月27日に小笠原諸島西方沖で起きた地震(M7.1)の4日後となる5月31日、ペルー北部を巨大地震(M7.7)が襲い、6万7,000人が命を落とした。この法則を覚えておけば、南米の太平洋側で大地震が起きた場合、日本付近でも大地震発生を警戒すべきだとわかるだろう。


■「環太平洋・時計回りの法則」

 今回、アラスカ→南太平洋と「環太平洋対角線の法則」に対応して地震が起きているが、では今後、リング・オブ・ファイア上のどこで大地震が続くのだろう。過去のデータを紐解くと、南太平洋(ソロモン諸島からニュージーランド近辺)で大きな地震が起きた後、“日本付近”で地震が続いたケースが多い。以下、そのうち代表的3例を示す。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ