米国上空に超自然的な「らせん状の雲」が出現!「OMG! なんて奇妙なんだ!」 気象兵器HAARP関与の疑い!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4
関連キーワード:

,

,

,

,

,

米国上空に超自然的な「らせん状の雲」が出現!「OMG! なんて奇妙なんだ!」 気象兵器HAARP関与の疑い!の画像1画像は「YouTube」より引用

 アメリカに摩訶不思議な“らせん状の雲”が出現、極秘の気象兵器「HAARP」によるものではないかと噂されている。

 英紙「Daily Star」(1月9日付)によると、らせん状の雲が出現したのは今月7日、米・ダコタ州上空だ。匿名の人物が撮影した映像をチャンネル登録者数65万人を誇る人気YouTubeチャンネル「thirdphaseofmoon」が公開したことで話題になったという。

 映像を見てみると、確かに見たこともないらせん状の雲がはっきりと映っている。しかも先端が動いているではないか……ということは、なんらかの物体がこの雲を作り出したようだ。しかし、先端部分に航空機らしきものは見えない。まるで空中に絵を描くように、自ずから形成されているのだ。そして、切り替わった映像では“うね雲”のような連続的な雲も映り込んでいる。

動画は「YouTube」より引用

 雲という点からまずケムトレイルの可能性を考えたくなるが、航空機が見えないのはやはり不思議だ。「thirdphaseofmoon」によると、当日は航空ショーなどが行われた記録もないそうだ。だとすれば、姿を隠したUFOだろうか? 一方、「thirdphaseofmoon」のブレット氏は、「政府の仕業か?」と陰謀論の存在を臭わせている。

 謎すぎるらせん状の雲にYouTubeのコメント欄にも驚きの声が多数寄せられている。

「OMG! なんて奇妙な形なんだ!」
「悪魔の数字じゃないか? 重なった666に見える」
「曲線がシャープだ。これは飛行機じゃできないよ」

 2018年3月には、米アリゾナ州南西部の都市ツーソンで「正方形の雲」が撮影され、世界中に衝撃が走った。動画に映された雲の形状は自然現象とは思えないほど美しく整っており、動画を見た陰謀論者たちは、この奇妙な雲を米軍の秘密兵器「HAARP」によるものだとコメントしていた。

人気連載
好きな人の“心の中が読める”4択夢占い! 恋愛できる可能性は… 当たりまくるLove Me Doがズバリ断言!

好きな人の“心の中が読める”4択夢占い! 恋愛できる可能性は… 当たりまくるLove Me Doがズバリ断言!

■相手の心には今、どんな存在が……? 「あなたの夢の中に...

人気連載
「アノ人が求めているもの」がわかる4択ガチャガチャ占い! 駆け引き、共同作業… Love Me Doが徹底アドバイス!

「アノ人が求めているもの」がわかる4択ガチャガチャ占い! 駆け引き、共同作業… Love Me Doが徹底アドバイス!

■あの人が“愛情以外に求めているもの”とは? 「2人で1...

関連キーワード

コメント

4:匿名 2019年1月15日 06:18 | 返信

Qアノン?

3:匿名 2019年1月14日 15:55 | 返信

HAARPとやらの影響がこの現象を作り出す科学的な検証は無いわけ?

2:匿名 2019年1月14日 13:36 | 返信

「Q」って書きたかったんだと思う。

1:匿名 2019年1月14日 11:54 | 返信

日本でポピュラーなドローンPhantomは法規を無視すれば6000Mまで上昇できるそうです。
送信機の最大伝送距離は3500Mですから、理屈では富士山の高さ3776Mに迫るぐらい上昇できます。
(上空では空気が薄くなるので、なんとなくモーターが焼け付きそうな気もするのですが公式サイトではそうなっているそうです。)
 
ということで、
ドローンに白ペンキスプレー缶を数百メートルの細いワイヤーで吊り下げるようにします。
スプレー缶のノズルは取り外し、缶の進行方向が安定するように缶の側面に矢羽のようなものを数枚取り付けておくとよいでしょう。
また、缶の全体は空の色と同じく、艶消しの水色に着色しておきます。
 
缶をある程度の高度まで引っ張り上げると缶の内圧が高くなり、内部のペンキが噴出口からふき出します。
ワイヤーで吊り下げられているため、ドローンの遥か下方にあるスプレー缶は円運動を行います。
噴出力が少しづつ低下し、徐々に小さい円運動になり、最後の動きは動画の通りです。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。