「ヒンドゥー教のシヴァ神は宇宙人」超有名グルが衝撃暴露! 世界中の古代文明が“エイリアンに学んでいた”数々の証拠とは!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント10

 古来から世界各地に伝わる伝承や伝説には、背景となる文化や歴史がまったく異なるのに不思議な一致を見せる記述が少なくない。その理由は実はシンプルで、それらの現象が地球外からもたらされたものであることが専門家などから指摘されている。ヒンドゥー教の破壊と創造の神、シヴァもまたエイリアンであったというのだ。


■古代の人々は地球外文明の影響を受けていた?

 エスキモー、アメリカ先住民、マヤ文明で語り継がれる数々の伝承に不思議な共通点があることをSF作家で“古代宇宙飛行士説”の提唱者の1人であるエーリッヒ・フォン・デニケン氏が指摘している。それは“金属の鳥”と“地球が球体”であるという知見であるという。

「ヒンドゥー教のシヴァ神は宇宙人」超有名グルが衝撃暴露! 世界中の古代文明がエイリアンに学んでいた数々の証拠とは!?の画像1『Chariots of the Gods?』 画像は「Wikipedia」より

「エスキモーの神話によると、彼らの最初の部族は真ちゅう製の翼を持つ“神々”によって北に運ばれました。一方で最も古いアメリカ先住民の叙事詩は、火と果物を彼らにもたらした“サンダーバード”について言及します。またマヤ文明の伝説『ポポル・ヴフ』は、“神々”がすべてを認識していたことを記しています。宇宙、コンパスの東西南北、さらには地球が球体であることなどです。エスキモーは“金属の鳥”についてどんな話をしていたのか? なぜアメリカ先住民が“サンダーバード”について言及していたのか? そして古代のマヤの人々はどのようにして地球が球体であることを知ったのでしょうか?」(エーリッヒ・フォン・デニケン著『Chariots of the Gods?』より)

 古代の人々が地球外文明の影響を受けていたことが示唆されるのだが、こうした例は他にも枚挙に暇がない。

 古代伝承で地球外の人物に関して記述されたもう一つの例は、アステカ神話の農耕の神である「ケツァルコアトル」の物語だ。この人の姿をした神は、それまで神話的な創作物であると考えられていたが、スペインの年代記者フアン・デ・トルケマダは、ケツァルコアトルを「長いあごひげを持った公明正大で赤みを帯びた肌色の男」と描写している。

「強健な身体、広い額、大きな目、そして流れる長いアゴ髭を持つミステリアスな白人男性で、足元に届く長く白いローブを羽織っていた。彼は果物や花を除く供物は不要とし、そして平和の神として知られていました。話が戦争のことになると、彼は指で耳を塞いで話をやめさせたと報告されています」(フアン・デ・トルケマダ)

 世界各地でその歴史を通じてこのような伝承が数多く残されている。またエジプトをはじめ至る所で古代に建設されたピラミッドが残されているが、当時は交流のなかった世界中の複数の文明が同じデザインのピラミッドを建設しているのは単なる偶然の一致なのか。

「ヒンドゥー教のシヴァ神は宇宙人」超有名グルが衝撃暴露! 世界中の古代文明がエイリアンに学んでいた数々の証拠とは!?の画像2カンボジアの考古遺跡「コ・ケー」 画像は「Wikipedia」より

 オルタナティブ系メディア「Collective Evolution」の記事では、こうした問いに対する唯一の説得力のある答えは実にシンプルで、それらはすべて“地球外”由来の現象であるということだ。

人気連載
「あなたが恋愛で苦労する理由」がわかる毒りんご占い!当たる占い師Love Me Doの恋愛診断!

「あなたが恋愛で苦労する理由」がわかる毒りんご占い!当たる占い師Love Me Doの恋愛診断!

■あなたが恋愛で苦労するのはなぜなのか 「あなたがイメー...

人気連載
「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛」本当にあった愛人の怖い話! 父の美しい愛人、狂いゆく母…怪談『水の女』!

「あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛あ゛」本当にあった愛人の怖い話! 父の美しい愛人、狂いゆく母…怪談『水の女』!

作家・川奈まり子の連載「情ノ奇譚」――恨み、妬み、嫉妬、性愛...

コメント

10:匿名 2019年2月24日 06:32 | 返信

ナハハハ ( ̄▽ ̄)=3
実に下らない。
互いにおれは知っている、悟っていると不毛の争い。
所詮、トカナの記事。真実などここには無い。

9:匿名 2019年2月18日 03:35 | 返信

知ってた知ってた

8:匿名 2019年2月6日 04:38 | 返信

>> 7

勝ち負けにこだわりがないのならば『何故返信した?』
本当は悔しかったのだろ?
勝ち負けにこだわりのない人間は返信すらしないのが通例だぜ?

7:匿名 2019年2月5日 22:46 | 返信

バカバカし過ぎ。
勝ち負けに何の意味があるの?

この世に完璧な情報などない。100パーセントはあり得ない。
部分部分に真実を包含しているのです。そこから真贋をそれぞれ自分で読み取る。間違うこともある。それが人間だ。
ボクは博士の努力は認めるべき、と言っただけ。鵜呑みにしなさいと誰が言った?
それを汚く罵る程度の低い(あ・・これは失礼)人間と議論するつもりはない。
とろくさ過ぎるので、もう来ないが、
面倒なのに最後の返信をしたのは、思いやりからです。

6:匿名 2019年2月5日 21:56 | 返信

>> 2

2と4は同一人物か?
同一人物でないなら2に対して書くが、
デービットアイク氏の本を読め。そこにあなたの答えがある。今なら中古で安いだろう?

5:匿名 2019年2月5日 21:53 | 返信

>> 4

騒ぐならばせめて『勝ってから』騒げ!
いつも俺たちは負けっぱなしだろうがっ!
現実を見ず、現実逃避を続ける陰謀論者め!

4:匿名 2019年2月1日 03:00 | 返信

3へ
あの時代(5年ほど前)は、まだイルミナティの力は強く、ある意味で命がけな内容の暴露です。
素直にその努力に感謝すべきです。P&Gの御曹司だったからこそ殺されなくてすんだともいえる。
自分がよく知ってるからと自慢するような内容を投稿して何の意味があろうか?

3:匿名 2019年1月31日 19:43 | 返信

>> 2

P&Gの御曹司がマトモなこと言うわけないし、後半辺りからは相当な洗脳が混ざっているとも言われています。
それをしっかり踏まえた上で見るのなら可。
陰謀論の初歩中の初歩の映画。知ってる人にはもはや当たり前すぎる話ばかり。でもまだ何も知らない人にはかなり刺激的な話!衝撃的すぎてぶっ倒れないでほしい(笑)。どうやったら子供ができるか初めて知った時ぐらいにまったく知らない人には刺激があると思う(笑)。

2:匿名 2019年1月31日 15:56 | 返信

この掲示板にくる方の多くは知ってると思いますが・・
『スライブ』という、科学的考察をしたドキュメント映画を見るとわかりますよ。かの、P&Gの御曹司であるフォスター・ギャンブル博士が私財を投じて制作した映画です。圧巻です。

1:匿名 2019年1月31日 07:06 | 返信

仏陀やイエスも宇宙人説ありますよ?
だから人間が本来は使えぬ能力が使えたのもそのためだと言われています。
仏陀やイエスは人間がいかにクズでありバカでありカスであるかを説きにきたのですがお二人は優しかったためか教え方が非常にマイルドになってしまいました。
そのためか後の宗教はすべて腐ってしまいました。
今の仏教もキリスト教もどちらも本来の教えではありません。
昨今その腐りをさらに輪をかけて助長させているのがニューエイジ教であったりスピ教であったりします。
人類は本来の生き方考え方を古代の民族から学ぶ必要性があります。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。