【ガチ】米軍最高機密「UFOプロジェクト」詳細予算リスト38が流出! 異次元操作、スターゲイト、ワームホール研究…!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

【ガチ】米軍最高機密「UFOプロジェクト」詳細予算リスト38が流出! 異次元操作、スターゲイト、ワームホール研究…!の画像3画像は「Sociable」より引用

・慣性レーザー核融合(Dr. George Miley, Univ. Of Illinois)
・有人宇宙飛行のための先進的原子力推進(Dr. F. Winterberg, Univ. of Nevada – Reno)
・パルス高出力マイクロ波技術(Dr. James Wells, JW Enterprises)
・宇宙アクセス(Dr. P. Czysz, HyperTech)
・真空に基づく先進的宇宙推進力( (Spacetime Metric) Engineering, Dr. Hal
Puthoff, EarthTech International)
・バイオセンサーとMioMEMS( Dr. Bruce Towe, Univ. of Arizona)
・透明マント(Dr. Ulf Leonhardt, Univ. of St. Andrews)
・横断可能なワームホールとスターゲイト、そしてネガティブエナジー(Dr. Eric Davis, EarthTech International)
・高周波重力波コミュニケーション(Dr. Robert Baker, GravWave)
・重力調査における超伝導の役割(Dr. George Hathaway, Hathaway
Consulting)
・反重力の航空宇宙応用(Dr. Eric Davis, EarthTech International)
・生物組織の電界効果(Dr. Kit Green, Wayne State Univ.)
・ポジトロン宇宙推進力(Dr. Gerald Smith, Positronics Research)
・量子真空におけるエネルギー抽出のコンセプト(Dr. Eric Davis, EarthTech
International)
・統計的ドレイク方程式入門(Dr. Claudio Maccone, International
Academy of Astronautics)
・独立型発明家 vs. 協力型発明家(Dr. George Hathaway, Hathaway
Consulting)
・生物材料(Dr. George Hathaway, Hathaway Consulting)
・メタマテリアルの航空宇宙応用(Dr. G. Shvets, Univ. of Texas – Austin)
・ワープドライブ、ダークエネルギー、異次元操作( Dr. R. Obousy, Obousy Consultants)
・四肢作動性インターフェース欠如下における外部装置操作の技術的アプローチ(Dr. R. Genik, Wayne State Univ.)
・先進航空宇宙プラットフォームの材料(Dr. J. Williams, Ohio State Univ)
・メタリックメガネ(Dr. T. Hufnagel, John Hopkins Univ.)
・プログラマブルマターの航空宇宙応用(Dr. W. McCarthy, Programmable
Matter Corporation)
・メタリック・スピントロニクス(Dr. M. Tsoi, Univ. of Texas – Austin)
・量子もつれと非局所性の宇宙コミュニケーションへの影響(Dr. J.
Cramer, Univ. of Washington)
・新型核融合推進Ⅰ(Dr. V. Teofilo, Lockheed Martin)
・ブレークスルーフライト時代におけるコックピット(Dr. G. Millis, Tau Zero)
・複数の無人宇宙船を同時操作する上での認知的限界(Dr. R. Genik, Wayne State Univ.)
・極超音速飛行体の検知・高解像度トラッキング( Dr. W. Culbreth, Univ. of Nevada – Las Vegas)
・新型核融合推進Ⅱ(Dr. W. Culbreth, Univ. Of Nevada – Las Vegas)
・レーザー軽量ナノ衛星(Dr. E. Davis, EarthTech International)
・電磁流体力学酸素吸入推進と電力の航空宇宙応用(Dr. S. Macheret, Lockheed Martin)
・量子コンピューティングと自動技術による有機体分子の利用( Dr. R. Genik, Wayne State Univ.)
・真空における負のエネルギー状態の量子トモグラフィー(Dr. E. Davis, EarthTech International)
・エネルギー・電力ストレージ装置としてのウルトラキャパシタ( Dr. J. Golightly, Lockheed Martin)
・負の質量推進力(Dr. F. Winterberg, Univ. of Nevada – Reno)
・最新型高出力レーザー兵器とその進化( J. Albertine, Directed Technologies)
・最新型高出力レーザー兵器とその進化( J. Albertine, Directed Technologies)
(編集部)


参考:「Sociable」、ほか

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。