「宇宙空間でのテレパシー実験」のヤバ過ぎる詳細がCIA機密文書で発覚! 宇宙人の存在、超能力…アポロ14号も関与!

「宇宙空間でのテレパシー実験」のヤバ過ぎる詳細がCIA機密文書で発覚! 宇宙人の存在、超能力…アポロ14号も関与!の画像3エドガー・ミッチェル氏「Wikipedia」より引用

 そして、ソ連の実験から4年後の1971年には米国が実際に宇宙でのテレパシー実験を行っている。しかも、テレパシーの送信を担当した宇宙飛行士はあのエドガー・ミッチェル氏だというから驚きだ。

 1966年にNASAにより宇宙飛行士に選抜されたエドガー・ミッチェル氏は数多くの肩書きを持つ元宇宙飛行士だ。アポロ14号の乗組員であり、人類で月を歩いた6番目の男であり、作家であり、元海軍大尉であり、MIT(マサチューセッツ工科大学)では航空学と宇宙航空学の博士号を取得している。NASAや軍隊、そして学会との強いコネクションで知られ、常に精力的に活動した人物である。

 残念ながら氏は2016年に亡くなってしまったが、生前は科学的には扱われない霊や意識の研究を支援するなど、氏の残した功績は大きい。特に晩年はエイリアンの存在を公言し、ビル・クリントン政権や現オバマ政権において、大統領補佐官や上級顧問という要職を歴任し、先の大統領選挙ではヒラリー陣営でアドバイザーも務めたジョン・ポデスタ氏とUFOやエイリアンに関するやりとりをメールでしていたことが明らかになり、世間の注目を集めた。

「宇宙空間でのテレパシー実験」のヤバ過ぎる詳細がCIA機密文書で発覚! 宇宙人の存在、超能力…アポロ14号も関与!の画像4画像は「Collective Evolution」より引用

 実験内容に戻ろう。1971年2月、アポロ14号の月へのフライト中に、宇宙飛行士エドガー・ミッチェル氏は宇宙船の中から地球にいる人物に向かって150の異なるメッセージを思考で送った。具体的には25枚のカードに描かれたシンボルを地球にいる4人にそれぞれテレパシーで通信したという。地球にいる2人の人物に対しては200回の試行のうち51回が成功したそうだ。

 近年、アメリカは宇宙軍の創設を宣言し、将来的な宇宙戦争も視野に入れているが、そこで超能力が重要な役割を果たす可能性もある。トカナでもお伝えしているように、2014年にアメリカ海軍研究所が“予知能力”や“直感能力”を調査するため、400万ドル(約4億5千万円)をつぎ込んだ4年間に渡る研究計画を発表していたことも見逃せないだろう。今後の続報に期待したい。
(編集部)


参考:「Collective Evolution」、ほか

人気連載
封印映画『罵詈雑言(バリゾーゴン)』絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロがぶった切る!

封印映画『罵詈雑言(バリゾーゴン)』絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロがぶった切る!

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロが、ツッコ...

人気連載
12歳の少年少女が“成長具合”を観察され、全裸で海へ…! 中部地方の特殊なエローカルルールとは?

12歳の少年少女が“成長具合”を観察され、全裸で海へ…! 中部地方の特殊なエローカルルールとは?

【日本奇習紀行シリーズ 中部地方】  日頃はあまり話題...