天才少年、聖書とコーランをDNA情報に変換し自らに注射!文字から起こした高分子を人体に初移植!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント5

 エイドリアン・ロカテッリ君(16歳)は、フランス・グルノーブルの寄宿舎学校に通う、成績優秀な高校生だ。だが、ちょっとエキセントリックな嗜好の持ち主で、昨年12月にネットで発表した彼のキテレツな研究が専門家の間で物議を醸しているという。

religioustextsdna1.JPGエイドリアン・ロカテッリ君 「Newshub」の記事より


■「創世記」と「コーラン」を体内に注射

 なんと、ヘブライ語の「創世記」とアラビア語の「コーラン」をDNA情報に変換して、自らの体内に転写したというのだ。言っている意味がよくわからないが、順を追って説明すると手法自体は意外とシンプルだとわかる。

 DNAは情報を保存する、ただの長い分子ではあるが、生命が活動するために必要な情報を保存するため、理論上、書けるものならどんな情報でも保存することができるというのだ。そこでエイドリアン君は、ヘブライ語やアラビア語の各文字をDNAの「情報コード」に対応させたのだ。それらを専門企業に依頼して特別なタンパク質に生成し、出来上がった2種類の文書を自分の左右太ももに、それぞれ注入。

「僕が用意したのは生理食塩水と注射器だけ。あとはベクタービルダー社とプロテオジェニックス社が全部そろえてくれたんだ」(エイドリアン君)

 つまり、お金を出してくれる大人がいたということ。ちなみに、ベクタービルダー社は遺伝子編集の目的でDNAを細胞に運ぶためのウィルスベクターを、プロテオジェニックス社は合成ペプチドや合成DNAを作っている会社だという。両社とも科学者を対象としているが、誰でも製品を購入することはできるそうだ。また、言うまでもないが、この実験は「文字から起こした高分子を人体に注入した史上初の試み」である。

コメント

5:匿名 2019年7月23日 00:51 | 返信

敬虔な信者にしてみればクールだろうって発想はわかるけど
この少年は敬虔な信者ではないな。
単に閃きと好奇心でやっただけだ。
敬虔な信者は、どの宗派だろうと宗教チャンポンなんて馬鹿な事はしないから。

4:匿名 2019年2月14日 22:43 | 返信

キリスト教とイスラム教の経典を体内に入れたのならば残りは仏教の経典だな。まあ次は手頃な大般若経全文を遺伝子コード化して体内注射をして貰わな

3:匿名 2019年2月6日 00:32 | 返信

宗教団体に洗脳してもらう方が確実な気がするwww

2:匿名 2019年2月5日 20:38 | 返信

企業が儲かる本人合意の人体実験

1:匿名 2019年2月5日 17:25 | 返信

聖書もコーランも途方もなく長い年月のうちに幾度も幾度も改竄を受け、実際の原本とは似ても似つかぬ状態になっているとは以前に聞いたことがある。そしてオリジナルはもちろん一部の真のお偉いさんのみが所有している。そんな汚れた情報たとえ人体に影響がなかった(この記事にあるとおり影響ありまくりなんだろうけど)としても自分の体には打ちたくない!
実はこれコーランや聖書に限ったことじゃなくて我々が目にするすべての情報、すなわち昨今流行りの陰謀論やスピリチュアルすら我々が目にする頃には『無数の改竄を受けて』から手にしたり目にしたりしていることをお忘れなく!

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。