タイの政治家らがこぞって占星術師を登用する異常事態! タロット、占星術… 政治家人気No.1の“占い方法”は!?

関連キーワード:

,

,

,

,

,

 古今東西、政治家の影には怪しげな占い師の存在が囁かれてきた。とりわけ、選挙や権力闘争の局面では、その傾向が顕著になる。今年、8年ぶりに議会下院の総選挙が実施されるタイでは、今まさに、政治家たちが占い師の元へと殺到しているのだという。

タイの政治家らがこぞって占星術師を登用する異常事態! タロット、占星術… 政治家人気No.1の占い方法は!?の画像1
画像は「THE STRAITS TIMES」より引用

「大きな変化、大きな対立、大きな交渉があるでしょう」

 タイの国際占星術協会の会長Pinyo Pongcharoenは、今月13日付の「AFP通信」に対し、占いの結果をそのように語った。「星は全て配置済み」だと話す彼もまた、長年のキャリアを持つ人気占星術師であり、政治家らから占いやアドバイスを求められているという。

 今年3月24日、タイでは総選挙が実施される予定であり、その行方が内外から注目されている。タイでは2014年にクーデターが起こり、当時のタクシン元首相は国外に逃亡、その後は軍政のプラユット首相が政権を握っている。しかし、現在も親タクシン派と反タクシン派が対立関係にある。

 先日、ワチラロンコン国王の姉ウボンラット王女が首相候補者として届け出されたというニュースが日本でも報じられた。これは親タクシン派の奇策であり、王室の権威が強く王家への批判はタブーとされるタイで王女が立候補すれば首相に選出される可能性は高く、タクシンも帰国の道が開けるとの見込みからであった。しかし、この異常事態に国王が激怒。「王族の政治関与は許されていない」と発表し、翌日には立候補の届出が公式に拒否されるという異例の展開となった。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ