やはり2019年に富士山噴火!? 50mの「火山津波」発生で犠牲者数万人か…エコノミスト表紙も暗示!

【富士山の日】やはり2019年に富士山噴火!? 50mの「火山津波」発生で犠牲者数万人か…エコノミスト表紙も暗示!の画像5イメージ画像:「gettyimages」より

■こんなにある! 日本で火山津波が起きる場所

 このように地震以外の原因で起きる津波は、決して日本も他人事ではない。噴火に伴う山体崩壊によって(その位置から)津波が引き起こされる可能性がある火山は、有珠山(北海道)、北海道駒ケ岳、恵山(北海道)、渡島大島(北海道)、鳥海山(山形県・秋田県)、富士山(静岡県・山梨県)、鶴見岳(大分県)、雲仙岳(長崎県)、桜島(鹿児島県)、開聞岳(鹿児島県)、薩摩硫黄島(鹿児島県)などがある。

 極めつけは日本一高い富士山だが、実は過去に何度も山体崩壊を起こしてきた。その数は、過去3万年の間に少なくとも6回。最後は2900年前に噴火ではなく地震によって発生したものだ。頻度が低いため、富士山ハザードマップにも取り上げられず完全な「想定外」扱いで、もちろん避難計画もない。

【富士山の日】やはり2019年に富士山噴火!? 50mの「火山津波」発生で犠牲者数万人か…エコノミスト表紙も暗示!の画像6イメージ画像:「gettyimages」より

 神戸大学海洋底探査センター教授の巽好幸(たつみ よしゆき)氏によると、今後100年間に富士山で山体崩壊が発生する確率は2%だが、これは阪神・淡路大震災や熊本地震とほぼ同じ確率で決して油断できず、「富士山の山体崩壊は明日起きても不思議ではない」(Yahoo!ニュース、2017年7月10日)とまで言い切っている。

 また、日本大学文理学部教授の火山学者、高橋正樹氏によると、富士山の山体崩落によって土砂が駿河湾に流れ込めば、なんと最大50mもの高さの津波が発生し、最悪の場合は数万人が犠牲になる可能性もあるという。

関連キーワード

コメント

7:匿名 2019年12月17日 03:40 | 返信

( ゚ ρ ゚ ) 富士山なにも起きなかった‥ (良い事)
みなさん、良いお年を~

6:匿名 2019年3月5日 23:57 | 返信

30分で5000円、時給にして1万円
適当な予言でも信じ込むアホがいる限り
霊感商法なんて物はなくならないし
アホを食い物にする自称霊能者や予言者なんて者はいなくならない

5:匿名 2019年3月2日 17:12 | 返信

http://ise-daisuke.com
この霊能者さんの預言が凄いです

4:匿名 2019年2月23日 12:08 | 返信

インドネシアの津波がなぜ突然襲ってきたのか、記者は知らないのか?
ちゃんと調べてから記事を書こうよ、ね?

3:匿名 2019年2月23日 10:47 | 返信

地震学者になれなかったからオカルトライターになって地震研究家を名乗っている百瀬くんの呟きでした。

2:匿名 2019年2月23日 09:09 | 返信

自分の予想が当たらないからと
木村君のせいにするなよ

1:厨二病棟 2019年2月23日 07:55 | 返信

映画のAKIRAにおいて、ニホンは今年中に滅びることになっている。なお作中では2020年に東京オリンピックが開催されることになっておりいろいろな意味で予言的な映画となっている。(トカナ民にはいろいろな意味でオイシイ映画)
もし仮に映画のように世の中も進んでいくとすれば今後何かが起き、それも東京オリンピックが開催できないほどのとてつもない規模の例えば戦争とか巨大地震とかそういうものが起き、オリンピックどころではなくなるのだろうと思う。
ところでよく漫画家さんとかアニメや映画のクリエイターさんでもいいけどなんとなく作ってみたものが未来で本当にそうなってしまったという事例が時々見られる。ああいう職種の人間はある種の超能力者のように感じられることがある。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。