【カンボジアで元自衛官の日本人が強盗殺人事件】日本人初の殺人ナイフ、覚せい剤密輸疑惑…事件記者が予想する“背景”とは!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント5
【カンボジアで日本人が強盗殺人事件】 カンボジア日本人強盗殺害事件の謎…覚せい剤密輸、殺人ナイフの画像1
画像は「ANNnewsCH(YouTube)」より引用

 

 今月、世界遺産アンコールワットの街・シェムリアップで、タクシー運転手を殺害し、その車を奪った強盗殺人容疑で日本人2人が逮捕された。その2人の容疑者の犯行に対して、巷では覚醒剤が絡んでいるのではないか、と囁かれている。

 現地の警察に逮捕されているのは、元陸上自衛官の石田礼門容疑者(23)と同じく元陸上自衛官の中茎竜二容疑者(23)だ。

 2人は日本で400万円ほどの借金を作り、その借金を返すためにタイからカンボジアに入国し、現地の両替所を狙って強盗を働く計画を練ったのだが、その行動が腑に落ちないのだ。

 現地の警察の調べでは、カンボジアで流通しているアメリカドルを奪う目的でタクシーを強奪し、その後両替所を襲う目的だったのだが、タクシーの運転手を殺害し、逃走の最中に事故を起こし逮捕されている。

 トカナでは、この容疑者の行動をはじめ、巷で囁かれている噂などから、事件ライターに大胆な推理を行ってもらった。

「400万円は2人で頭を下げて回れば借りられる金額ですが、がむしゃらに頑張れば返せないほどの金額でもありません。それに犯罪によって金を手に入れるにしても、海外で強盗を行うよりも、日本で非合法なことを行う方が容易なはずです。その金額を海外旅行という方法を使い、1度に稼ぐとなれば、金の密輸か、覚醒剤・麻薬の運び屋を選ぶしかなありません。手持ちの現金が無ければ、金は買えませんから覚醒剤・麻薬の運び屋。少なければ仕入れしかないでしょう」

 冷静に考えればリスクの高い強盗などの方法は選ばない。そして、何故タイに入国し、それからカンボジアで強盗を計画したのであろうか?

コメント

5:匿名 2019年3月28日 06:40 | 返信

解説がものすげぇつまらねぇ!

4:匿名 2019年3月27日 13:36 | 返信

ナイフ楽天とかアマで売ってるんだな
帰省されるかな

3:匿名 2019年3月27日 12:52 | 返信

取って付けたような、ご冥福をお祈りします、の言葉。

2:また借りたらしいね トラブルメーカー 2019年3月27日 12:11 | 返信

人生が詰んでる人たちの内容記事ってのが正直な感想。

1:匿名 2019年3月27日 07:43 | 返信

残念なほど中途半端な内容。
よくもまーこれを記事として採用したトカナに問題あり。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。