【人類滅亡】2029年4月13日に巨大隕石「アポフィス」が地球衝突! 広島型原爆の10万倍の威力、黙示録の預言が現実に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント8
関連キーワード:

,

,

,

  どれも空から降ってくる“何か”を指し示している。その被害の大きさや状況から隕石の衝突を指し示していると言えるだろう。アポフィスの存在はニューヨーク市立大学教授で未来学者のミチオ・カク博士も警鐘を鳴らしている。

「アポフィスは『国潰し(country buster)』クラスの小惑星です。炎の嵐、衝撃波、燃え上がるデブリの雨を降らし、フランスやアメリカ北東部ほどの範囲を完全に破壊するでしょう。衝撃のエネルギーはざっと広島型原爆の10万倍です。もし、大西洋に落ちたとしたら、巨大な津波を引き起こし、アメリカやアジアの沿岸部が完全に飲み込まれます。アポフィス規模の惑星衝突は、1000年に1度起こると計算されています」(“The Wall Street Journal” 2010年1月5日付)

【人類滅亡】2029年4月13日に巨大隕石「アポフィス」が地球衝突! 広島型原爆の10万倍の威力、黙示録の預言が現実にの画像3
画像は「Express」より引用

 

 アポフィスが地球に衝突するようなことがあれば、ベグリー氏が危惧する預言通り、壊滅的な被害がもたらされることは必至だ。科学者らは2029年4月13日にアポフィスが地球に衝突する確率はほぼないと試算しているそうだが、軌道を大きく変更する可能性も指摘されており予断を許さない。

 また、映画『ディープ・インパクト』のように各国政府はすでにアポフィスが地球との衝突軌道にあることを知りながら、パニックを避けるために公表を差し控えている可能性もあるだろう。もし映画のように事が進むとしたら、一部の政府関係者、科学者、芸術家だけが大規模シェルターで生き延び、大多数の人々は切り捨てられるだろう……。

 10年後の話とは思わず、いまから心の準備だけはしておきたい。

 

参考:「Express」、ほか

文=編集部

関連キーワード

コメント

8:匿名 2019年4月16日 19:09 | 返信

嘘松

7:匿名 2019年4月15日 23:50 | 返信

毎週、毎月の予言ですら外してるのに
10年後の予言なんて当たる訳ないだろw

6:匿名 2019年4月15日 08:25 | 返信

>> 5

聖書そのものがすでに『彼ら』に無数の改竄を受けており、そもそもオリジナルがどんな内容であったかなんてもはや誰にもわからない。
黙示録は『彼ら』の計画が書かれた文章であり、最も改竄が多いか、もしくは存在しないものを新たに付け加えたか、などと私は推測している。

彼ら=陰謀論でお馴染みの人たち

5:ディープ・スペクター 2019年4月15日 03:58 | 返信

ヨハネの黙示録は、その内容自体は比喩が飛躍してて、良くわかんけど、やっぱり意味があるんかな?
ほとんど夢判断的なニュアンスですが…。
マクロな脅威論、隕石に対する備えなど出来る事なんか無いに等しいけど、もういつ死んでも後悔しない生き方をするしかないだけだけど、出来るならば、世界に紛争や対立を生み経済的な搾取を振りまくアメリカに落ちて欲しいなぁ〜。アメリカが存在しないだけで地球はだいぶ平和になると思います。

4:匿名 2019年4月13日 23:38 | 返信

1000年に一度ではなく1000万年に一度の間違いだろw

3:匿名 2019年4月13日 13:59 | 返信

13日は今日じゃん!
どんだけー!!(笑)

2:匿名 2019年4月13日 12:18 | 返信

シェルターへ逃げ延びるのは、
・政府関係者 ←これは分かる
・科学者 ←これも分かる
・芸術家 ←これはなんで???

1:匿名 2019年4月13日 12:10 | 返信

こんな悪い予言は本当に当たって欲しくない!

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。