【人類滅亡】2029年4月13日に巨大隕石「アポフィス」が地球衝突! 広島型原爆の10万倍の威力、黙示録の預言が現実に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント8
関連キーワード:

,

,

,

【人類滅亡】2029年4月13日に巨大隕石「アポフィス」が地球衝突! 広島型原爆の10万倍の威力、黙示録の預言が現実にの画像1
画像は「Express」より引用

 

 2029年4月13日(金)が人類滅亡の日になるかもしれない。

 英紙「Express」(4月10日付)によると、福音主義の司祭ポール・ベグリー氏が、2004年6月に発見された小惑星「アポフィス」(直径310m~340m、質量7200万t)が、その日に地球に衝突すると語ったという。

「皆さん落ち着いて下さい。ディープインパクトに臨む準備はできていますか? 聖書の預言が実現する覚悟できていますか?」(ベグリー氏)

「巨大な、巨大な小惑星が地球に向かっています。事実、地球に真っ直ぐ向かっているのです。そして2029年4月13日、地球はディープインパクトに見舞われます」(同)

【人類滅亡】2029年4月13日に巨大隕石「アポフィス」が地球衝突! 広島型原爆の10万倍の威力、黙示録の預言が現実にの画像2
ベグリー氏。画像は「Express」より引用

 

 ペグリー氏がそう確信する根拠は『ヨハネの黙示録』の一節にあるという。おそらく、第8章の記述のことだと思われる。

「第一の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、血のまじった雹と火とがあらわれて、地上に降ってきた。そして、地の三分の一が焼け、木の三分の一が焼け、また、すべての青草も焼けてしまった」(8:7 「Wikisource」より引用)

「第二の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、火の燃えさかっている大きな山のようなものが、海に投げ込まれた。そして、海の三分の一は血となり、……」(8:8 「Wikisource」より引用)

「第三の御使が、ラッパを吹き鳴らした。すると、たいまつのように燃えている大きな星が、空から落ちてきた。そしてそれは、川の三分の一とその水源との上に落ちた。」(8:10「Wikisource」より引用)

関連キーワード

コメント

8:匿名 2019年4月16日 19:09 | 返信

嘘松

7:匿名 2019年4月15日 23:50 | 返信

毎週、毎月の予言ですら外してるのに
10年後の予言なんて当たる訳ないだろw

6:匿名 2019年4月15日 08:25 | 返信

>> 5

聖書そのものがすでに『彼ら』に無数の改竄を受けており、そもそもオリジナルがどんな内容であったかなんてもはや誰にもわからない。
黙示録は『彼ら』の計画が書かれた文章であり、最も改竄が多いか、もしくは存在しないものを新たに付け加えたか、などと私は推測している。

彼ら=陰謀論でお馴染みの人たち

5:ディープ・スペクター 2019年4月15日 03:58 | 返信

ヨハネの黙示録は、その内容自体は比喩が飛躍してて、良くわかんけど、やっぱり意味があるんかな?
ほとんど夢判断的なニュアンスですが…。
マクロな脅威論、隕石に対する備えなど出来る事なんか無いに等しいけど、もういつ死んでも後悔しない生き方をするしかないだけだけど、出来るならば、世界に紛争や対立を生み経済的な搾取を振りまくアメリカに落ちて欲しいなぁ〜。アメリカが存在しないだけで地球はだいぶ平和になると思います。

4:匿名 2019年4月13日 23:38 | 返信

1000年に一度ではなく1000万年に一度の間違いだろw

3:匿名 2019年4月13日 13:59 | 返信

13日は今日じゃん!
どんだけー!!(笑)

2:匿名 2019年4月13日 12:18 | 返信

シェルターへ逃げ延びるのは、
・政府関係者 ←これは分かる
・科学者 ←これも分かる
・芸術家 ←これはなんで???

1:匿名 2019年4月13日 12:10 | 返信

こんな悪い予言は本当に当たって欲しくない!

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。