体内で2センチに成長……「がんが治る」民間療法を信じた中国人女性、肺や腸が数千匹の蛆虫に侵食される

関連キーワード:

,

体内で2センチに成長……「がんが治る」民間療法を信じた中国人女性、肺や腸が数千匹の蛆虫に侵食されるの画像1
病院で治療を受ける女性。当初、蛆虫のサイズは写真くらいの大きさだったという(東網より)

 大気汚染が深刻な中国では、毎年約70万人が肺がんと診断され、全世界の肺がん患者の3割を抱えている。そんな中、信じられないような民間療法にすがった挙げ句、体内が蛆虫まみれになってしまった女性が話題となっている。

「新浪新聞」(3月21日付)によると、西安市内の病院に1人の中年女性が胃痛を訴え診察にやってきた。女性は3年前に肺がんと診断されたが、外科手術や化学療法を経て現在では容態は落ち着き、安定した日常生活を送っていた。

 そんな中、2週間ほど前から胸骨に痛みを感じるようになった。さらに、胸やけの症状もあり、胃薬を服用しても症状は治まることがなかったという。がんが再発し、全身に転移しているのではないかと不安になり、今回病院で精密検査を受けたところ、胃痛の原因は信じられないものだった。なんと、胃や腸から数千匹の生きた蛆虫が見つかったのだ。

 実はこれ、女性が民間療法を盲信してしまった末に、自ら大量の蛆虫を飲み込んでしまったことが原因だった。女性は友人から「がんには蛆虫療法が効果がある」と聞き、藁にもすがる思いで蛆虫を大量に摂取したという。当初はアリくらいの小さなものサイズだったが、病院で診察を受けた際には、体内で2センチほどに成長していた。医師に処方してもらった駆虫薬により、すでに体内の蛆虫はすべて体外に排出されており、女性の体調は快復に向かっているという。

 中国では、こうした信じられない民間療法がいまだに市民の間にまん延している。昨年は“マツの花粉”に抗がん作用があるというウワサが流れ、マツの花粉を使用した薬を販売する業者が現れた。実は、このウワサを流した張本人こそ薬の販売業者で、抗がん作用などまったくないマツの花粉の薬をねずみ講方式で販売するため、こうした話をでっち上げていたのだ。

 高額な医療費を支払えないことなどを理由に、こうした民間療法やデマにだまされてしまう事件が少なくない中国。今後、危険な民間療法が出てこなければいいのだが……。

(文=青山大樹)

編集部

関連キーワード

コメント

3:匿名 2019年4月21日 19:24 | 返信

中国ならなぜ漢方薬を使わない?民間療法の王さまだろ?本家の中国では廃れ日本だけになったのか?

2:匿名 2019年4月21日 19:16 | 返信

飲み込んだってウジ虫は胃の中で消化されないの?
いやー気持ち悪い。

1:地涌の菩薩 2019年4月21日 18:59 | 返信

南無妙法蓮華経と言う妙薬を服すれば
癌は、消滅してしまう

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。