トランプ大統領の髪型とUFOにまつわる超極秘情報とは!? 天皇陛下や安倍も知らない“宇宙人説”も…!?

トランプ大統領の髪型とUFOにまつわる超極秘情報とは!? 天皇陛下や安倍も知らない宇宙人説も…!?の画像1
画像は「Jimmy Kimmel Live」より引用

 米国のトランプ大統領が25日、新天皇即位後初の国賓として来日を果たした。28日まで3泊4日の予定で天皇・皇后両陛下との会見や宮中晩餐会、安倍首相との首脳会談、さらにゴルフや大相撲観戦をこなす予定だという。しかし現在、このような「蜜月関係」の演出とは裏腹に、日米間には貿易や安全保障をめぐるさまざまな問題が山積しており、今回の訪問中に「ビッグマウス」で知られるトランプ大統領の口からどのような言葉が飛び出すか、改めてこの男の一挙一投足に日本中の注目が集まっている。

 今さら指摘するまでもないことではあるが、交渉事を有利に進めるためには、まずは相手のことを熟知しなければならない。先方の特性や思考をしっかり把握してこそ、話し合いをリードできるというものだ。というわけで今回は、国内のメディアではトカナしか把握していないトランプ大統領の“極秘情報”を2つ、過去記事を参照する形で改めて紹介しようではないか。

【トランプの秘密1:髪型にこそパワーが宿る】

 トランプ大統領の特徴といえば、やはり御年72歳とは思えないあの“フサフサの金髪”である。しかし、あれは単なる若々しさをアピールするための飾りではない。実は、トランプ大統領の強力なリーダーシップや人々を惹きつけるパワーは、あの“フサフサの金髪”にこそ宿るということが判明しているのだ。以下は2016年3月2日の記事より、一部抜粋である。

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 現在、アメリカの陰謀論者やオカルト愛好家たちの間で、トランプ躍進の背後には、とある“決定的要因”があったと指摘する声が上がり始めている。その信じられない要因とは、なんと「黄金比」。トランプ氏と黄金比の間に、一体どんな知られざる関係があるというのか?


■一瞬にして人間の心を奪う「黄金比」

トランプ大統領の髪型とUFOにまつわる超極秘情報とは!? 天皇陛下や安倍も知らない宇宙人説も…!?の画像2「モナ・リザ」と黄金比

 一説によると古代ギリシャ時代、数学者のエウドクソスによって導き出された「黄金比」。それは人間が直感的に虜になってしまう“普遍的な美”を実現する比率(1:1.618)のことである。この考え方は、レオナルド・ダ・ヴィンチをはじめとする古今東西の芸術家によって絵画や彫刻、建築などに応用され、人類の美的感覚を数千年にわたり魅了し続けてきた。身近なところでは、一般的な名刺の縦横比も実は黄金比になっている。

 さらに神秘的なのは、この黄金比が自然界にも多く存在することだ。貝殻や植物の種子、猫の体にも黄金比を見出すことができる。そして当然ながら、世界を魅了するセレブリティたちも、実はその容姿に黄金比を秘めているケースが多い。「美の女神」ことオードリー・ヘプバーンや「永遠のセックス・シンボル」ことマリリン・モンローも、黄金比に則したウエストやヒップの持ち主だったことが判明している。つまり、一瞬にして他者を惹きつけるカリスマ性とは、身なりや振る舞いだけではなく、瞬時に「美しい」と感じてしまう黄金比によって生じるものかもしれないというわけだ。

――そして、共和党大統領候補のトランプ氏だ。アメリカの陰謀論者やオカルト愛好家によると、なんと彼の横顔に、この“普遍的な美”である黄金比が潜んでいたという。

トランプ大統領の髪型とUFOにまつわる超極秘情報とは!? 天皇陛下や安倍も知らない宇宙人説も…!?の画像3画像は「lolworthy」より引用

■トランプの支持者は「黄金比」に魅了されている!?

トランプ大統領の髪型とUFOにまつわる超極秘情報とは!? 天皇陛下や安倍も知らない宇宙人説も…!?の画像4
黄金長方形と対数螺旋 画像は「Wikipedia」より引用

 画像をじっくりご覧いただこう。これはトランプ氏の横顔写真に、縦と横の辺が黄金比になっている「黄金長方形」と、そこに生じる対数螺旋を重ね合わせた図だ。トランプ候補の耳から後頭部、そして頭頂部から額にかけての髪型と黄金比が、完全に合致している。戦慄を覚えるほどの一致具合であると言っても差し支えないだろう。

 この事実を目の当たりにしたアメリカ国民の一部は、トランプ候補の支持者について、彼の政策や言動、パフォーマンスに魅了されているというよりも、そこに黄金比を感じ取り、一瞬にして心を奪われてしまっているのではないかと考えているようだ。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ