百田尚樹がテレビ業界から干されない3つの理由とは!? 大阪、忖度、性格…「そもそも眼中にない」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
関連キーワード:

,

今こそ、韓国に謝ろう/飛鳥新社

 彼自身の発言内容の是非は別にしても、昔も今も様々な形で世の中を刺激し、議論を巻き起こすことも多いのが百田尚樹さんだ。

 近年はベストセラーを送り出す小説家としての顔で知られるが、そもそもは「探偵ナイトスクープ」などの放送作家が本業であり、テレビやエンタメ側の人間でもある。しかし、最近話題になった佐藤浩市へのツイートはもちろん、朝日放送の番組を担当しながら朝日新聞社への批判ツイートなど、内側にいる人間とは思えない発言も多い。

 業界内の誰かの逆鱗にふれ、いわゆる「干される」状況になってもおかしくない勢いなのだが、なぜ百田尚樹さんは干されないのか。複数の関係者にその理由を尋ねると、3つの理由が出てきた。

 

「たしかに既に一線は超えており、特に佐藤浩市さんへの発言は小説家としてはまだしも放送作家としては有り得ないほど過激な発言です。『探偵ナイトスクープ』には各事務所のタレントさんが出演しており、スポンサー企業のコマーシャルも同様です。このように様々なしがらみがあることから放送作家は思っていてもそうそう口には出さない本音を抱えているものです。しかし、基本的に東京の芸能プロは『大阪の人だから』と受け流しています」(在京芸能プロ幹部)

 大阪の人だからとは、どういうことなのか。

「ひどい罵詈雑言もありますが、東京の人間から見れば酷い言葉でも大阪では『アホ』が誉め言葉にもなるように日常的に汚い言葉が飛び交っているじゃないですか。だから、大阪人特有の話ということで受け流しているプロダクションやテレビ局の社員は多いですね」(同)

 たしかに人にもよるが、関西人は日常会話で過激な言葉を使ってしかもそれが嫌味に聞こえない人も多いため、少々過激な内容でも、地域性という言葉で問題視されない場合がある。

関連キーワード

コメント

1:匿名 2019年6月3日 09:25 | 返信

朝鮮人が作ったとされるテレビ業界。(ついでにいうならパチンコ業界も)
そんな業界で成功をおさめたり活躍しても空しいだけじゃないかっ!

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。