【衝撃】英国防省が「UFO調査の機密文書」6万ページを公開していた! 省内でUFO肯定派VS懐疑派の大バトルが勃発していたと発覚!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1

 アメリカではUFOにまつわる政府の機密書類が次々暴露、または公開される中、イギリスでも重大な変化が起きている。今年4月までに、英国防省は6万ページにも及ぶ膨大なUFO調査資料を機密解除し、公開を始めているというのだ。英「METRO」が6月4日に報じた

画像は「METRO」より引用

■情報公開の流れはイギリスでも…

 米国防総省が過去のUFO調査を認め、目撃者の報告のための新ガイドラインを作成していることはすでにトカナでもお伝えしているが、UFOに対する政策の変化は英国防省でも起きている。英国防省は過去11年以上にわたる、イギリス国内での正体不明機の目撃例に関する報告書をこの4月までに順次公開した。公開された書類は全部で6万ページにも及び、英国立公文書館で閲覧することができる。残念ながら、まだデジタル化はされていない。

 英国防省のUFO研究プロジェクトに関わっていたニック・ポープ氏は、METRO紙の取材に対し、4月にリリースされた最後の文書が興味深いと語る。それはエイリアン実在の証拠を示すようなものではないが、プロジェクト内部の人々の間で激論が交わされたことを裏付けているという。

関連キーワード

コメント

1:匿名 2019年6月11日 10:16 | 返信

UFOも宇宙人もおそらくいるのだろう。
しかし、問題なのは彼らには『人間を救う』気持ちがさらさらないこと。
そのような気持ちを持つ種族が仮にいるとしても『すべての人間を救う』気はさらさらないだろう。
神(のような存在)がいてそれは人間を救ってくれるだろうと考えてしまうのは人間の持つサガ。

コメントする

匿名のコメントに返信[返信をキャンセル]
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。