「ツイッター闇金」急増、深刻な社会問題化へ! 性行為ありの“ひととき融資”が苦境の女性を狙い撃ちに!

関連キーワード:

,

,

,

,

「ツイッター闇金」急増、深刻な社会問題化へ! 性行為ありのひととき融資が苦境の女性を狙い撃ちに!の画像1
イメージ画像:「Gretty Images」

 先日、トカナは急増する「ツイッター闇金」について取り上げ、社会問題として提起した。その際、被害者であるA子さんに話を聞き、ある程度の実態は把握できたが、今回「ひととき融資」というネーミングで、女性たちをターゲットにしていた男が逮捕された。

 無許可で女性に金銭を貸し付け、法外な金利を受け取った出資法違反の疑いで、大阪府警八尾警察署に逮捕されたのは、大阪府堺市美原区在住で、大阪市千早赤阪村・人事財政課主査の藤田祐容疑者(36)だ。

 捜査関係者の話によると、藤田容疑者は判明しているだけでも平成28年~31年頃にかけて、金融業の許可なく、20~40代の女性に対して26万円を貸し付け、法定金利を大幅に超える7倍以上の金利を取り80万円以上を荒稼ぎしていた。

 藤田容疑者の手口は、ネットの掲示板やSNSで個人融資を求めている女性とダイレクトメール、メールなどで連絡を送り、面接場所をラブホテルなどに指定。性行為に及ぶとともに金銭を貸し付けていたという。

 この行為をネットでは「ひととき融資」と隠語で説明していた藤田容疑者だが、性行為を拒否した女性には融資を断る、金利を上乗せするなどの行為にも及んでいたという。しかも、性行為を撮影して怪しげな媒体に投稿していたという噂までネット上では飛び交っている。

 その後、藤田容疑者の自宅のガサ入れでは女性に対する借用書が10枚以上発見されており、警察では最低でも百件以上の余罪があるとみて追及しているという。調べに対して、藤田容疑者は容疑を認め、「お金は間違いなく返済され、性行為までできて最高の融資方法だと思った」などと供述しているという。

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ