【宝塚記念】日本の競馬は宇宙人が支配していた… JRAも知らない衝撃の事実判明か!? 謎の暴露集団「七騎の会」が立ち上がる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント7
【宝塚記念】日本の競馬は宇宙人が支配していた… JRAも知らない衝撃の事実判明か!? 謎の暴露集団「七騎の会」が立ち上がる!の画像1
イメージ画像:「Gretty Images」

■人類と宇宙人、そして競馬の秘密

 今年、世界各国でUFOや宇宙人をめぐる動きが活発化している。英国防省では6万ページにも及ぶ膨大なUFO調査資料が機密解除され、米国防省(ペンタゴン)に至っては、なんとUFO目撃事例を公式に調査することまで宣言しているのだ。UFOの正体が地球外文明の宇宙船だとすれば、人類と宇宙人たちの正式な初対面がいよいよ目前に迫っているのかもしれない。

 しかし、すでに宇宙人たちはこの地球に降り立ち、巧みに人目を避けながら“物分かりの良い”各国要人のみと接触を図り、世界の政治・経済に多大なる影響を与えている可能性が高い。「レプティリアン」「トールホワイト」「プレアデス星人」など、さまざまな種族の宇宙人の目撃事例があるが、その中でも最もよく知られた存在は、やはり「グレイ」だろう。

 人間によく似た四肢をもつ小さな身体に大きな頭部、のっぺりした顔面に鎮座する2つの大きな目“アーモンドアイ”が特徴的なグレイ型宇宙人。大方の認識では、彼らは人類にとって所謂「敵対的エイリアン」に分類され、ヒトや動物など地球上の生物を誘拐し(アブダクション)、遺伝子操作や生物実験を繰り返してきたと考えられている。

 ここで気になるのは、やはり今週末に阪神競馬場で開催される宝塚記念だ。唐突に感じるかも知れないが、実は同レースの結果にもグレイたちの意向が大きく反映することになると一部で囁かれている。というのも、今回の出走馬に誰もが認める現役最強馬「アーモンドアイ」が名を連ねていないのだ。この事実はいったい何を意味しているのか?

【宝塚記念】日本の競馬は宇宙人が支配していた… JRAも知らない衝撃の事実判明か!? 謎の暴露集団「七騎の会」が立ち上がる!の画像2
イメージ画像:「Gretty Images」

■エイリアンの干渉が…… ヤバすぎる不穏な噂

 宝塚記念は、春競馬の総決算となるグランプリレースだ。ファン投票で選ばれた実績馬が多数出走する極めて豪華な一戦となる。しかし今年、そのメンバーの中にファン投票1位に選ばれたはずのアーモンドアイの姿はなく、肩を落としたファンも多いことだろう。そして、この出走回避の原因として一部で指摘されている事態こそ、“グレイによる干渉”だ。

「アーモンドアイ」という馬名、公式には「美人とされる顔の目の形」が由来だとされている。しかし、図らずもこれは前述のように人類にとっての敵対的エイリアンであるグレイの俗称そのものである。人類の目を避けて秘密裏に悪事をはたらいてきた彼らにとって、自らを指し示す名前が(たとえ馬名とはいえ)脚光を浴びる事態は決して好ましいものではない。用心深く狡猾な存在であればこそ、可能な限り自らに注目が集まるリスクは排除しておくべきと考えているはずなのだ。

【宝塚記念】日本の競馬は宇宙人が支配していた… JRAも知らない衝撃の事実判明か!? 謎の暴露集団「七騎の会」が立ち上がる!の画像3
イメージ画像:「Gretty Images」

 今月2日に行われた安田記念(G1)で、アーモンドアイはスタート直後に他馬に進路を妨害されて押しつぶされ、遅れを取り戻そうと必死の走りを見せるも結局3着に終わっている。このような事態も、偶然を装った宇宙人たちの未知なるパワーが作用していた可能性は否めない。そんな不運やさまざまな事情が重なり、「休養させるため」として今回の宝塚記念への出走を見送ることになったアーモンドアイだが、すべてグレイの思惑通りに事が進んでいるという点には怒りを禁じ得ない。

■今年の宝塚記念は本気でムズい!

 さて、グレイ型宇宙人たちに目をつけられてしまった競走馬、アーモンドアイの今後についてはさておき、やはり気になるのは今週末に迫った“アーモンドアイがいない”宝塚記念の結果だ。グレイたちによる邪悪極まりない干渉を受けずに済むという点において、完全に公平かつ公正なポテンシャルのぶつかり合い。有名馬と有名騎手が勢揃いするからこそ、本当の意味において実力が拮抗した波乱必至の難解な一戦になったと言わざるをえない。

 しかし、そんな難レースを幾度となく攻略し、数え切れないほどの万馬券を的中させてきた驚異の集団がいるという。騎手や調教師をはじめとする関係者たちの本音を導き出し、“最適解”を導き出す最強チーム。その名も「七騎の会」である。

 直近の実績を見ても「七騎の会」と“それ以外”との圧倒的実力差は明らかだ。2018年のGIは、年間を通して馬連だけで計396万5000円を獲得。そして、つい先日行われたNHKマイルカップ(GI)では、この1レースで、馬連だけでなんと172万円もの大金を獲得しているのだ(馬連1万7200円的中、3連複9万7390円的中、3連単41万680円的中)! もちろん昨年の宝塚記念でも馬連9200円を難なく獲得(的中馬券あり)しており、その実力は他の追随を許さないレベルに達している。

【宝塚記念】日本の競馬は宇宙人が支配していた… JRAも知らない衝撃の事実判明か!? 謎の暴露集団「七騎の会」が立ち上がる!の画像4

■重鎮たちのリサーチ力に脱帽!

 競馬界でも驚きをもって受け止められているという「七騎の会」の的中連発現象について、今回トカナは特別に(公開できる範囲で)担当者から秘密を教えてもらうことに成功した。

「創業22年となる『七騎の会』には、業界の著名人が多数在籍しております。元騎手・競馬学校の教官『徳吉一己』、現役40年以上のトラックマン『古川幸弘』、名馬タマモクロスなどを手掛けた関西の名伯楽・元調教師『小原伊佐美』、内田博騎手の身元請負人でもあった元調教師『嶋田潤』、美浦名門中の名門の競馬血族である元調教師『二本柳俊一』、元札幌馬主会理事で「馬産地日高の帝王」の異名をとる『斉藤隆』、元社台SS荻伏場長で社台一強の基礎を築いた重鎮『林勲』――これら競馬ファンなら誰もが知る重鎮7名に加えて、(末端まで数えれば)総勢数百人に達する膨大な情報網がもたらす本物の関係者情報こそが勝利の秘訣です。彼らが長期にわたり築き上げてきた人脈と信頼関係によって、大物馬主や調教師はもちろん、騎手、厩舎スタッフなどから決して外部には漏れない本音が入手できるのです。他には決して真似できません」(担当者)

 驚くような競馬のプロたちが多数在籍する「七騎の会」。この豪華メンバーを見せられては、そもそも彼らに当てられないレースなど存在しないように思えてくる。実際に資料として手渡された利用者の声も、次のように勝利の興奮がひしひしと伝わってくるものばかり。

帯封ありがとうございます! ゴールデンウィーク海外旅行で散財してきたのに、日本に帰ってきたらお金が増えました!」(25歳・男性)
「お礼! 特大馬券! まだ震えがとまりません! 本当にいつもありがとうございます!」(36歳・女性)
「昨日はありがとうございます😊 10万馬券的中証明書が出ましたので添付します! 10万になるとシルバーなんですね👍」(43歳・女性)

【宝塚記念】日本の競馬は宇宙人が支配していた… JRAも知らない衝撃の事実判明か!? 謎の暴露集団「七騎の会」が立ち上がる!の画像5

■宝塚記念、把握すべき基本とは!?

 では、ここからが本題だ。いよいよ今週末に迫った宝塚記念の傾向・激走馬について、少しでも情報をもらえないだろうか。

「宝塚記念で勝つために、まず大前提として把握しておかなければならないことがあります。このレースは開催時期が6月下旬の梅雨シーズン真っ只中ということもあり、天候に恵まれない年も多くあります。馬場整備の技術が進んでいるため極端な馬場悪化とまではいかなくとも、直近3年は全て稍重での開催となっています。今春、東京競馬場で行われた芝GIではレコード決着が続きましたが、阪神競馬場は直線に坂が待ち受けるなど全体にタフなコース設定がされており、内回りということで流れも速くなりやすい。故に、高速馬場で結果を残してきた素軽いタイプが苦戦することもままあるのが宝塚記念の特徴です」

 やはり、宝塚記念は決して一筋縄ではいかない難レースというのがプロの見立てということか。それにしても、「七騎の会」が最も注目している馬について、少しでも情報がほしい。

【宝塚記念】日本の競馬は宇宙人が支配していた… JRAも知らない衝撃の事実判明か!? 謎の暴露集団「七騎の会」が立ち上がる!の画像6

「今に始まったことではありませんが、この宝塚記念も含めてGI競走においては現在ノーザンファーム生産馬が4連覇中です。近5年で馬券になった15頭のうち、ノーザンFが生産・育成に携わった馬は実に10頭、全体の3分の2を占めていますから、ノーザン抜きで馬券を構築するのは至難の業といえるでしょう。

 とはいえ、全てのノーザンF関連馬を狙えば良いという訳でもありません。注目すべきは、ノーザンF生産・育成馬でありながら『個人オーナー名義』で活躍している馬たちです。基本的にノーザンF内での優先度合いは【クラブ馬(サンデーR、キャロット、ほか)>個人オーナー馬】ですが、このレースにおいては先程述べたように馬場が例年安定しないことと、2200mの距離も影響してか、一線級というよりも“1.5線級”クラスの馬たちが激走するシーンがよく見られるのです。

 そして、前述の近5年で馬券になった馬のうち、実に9頭が個人オーナー所有馬で、セレクトセール取引馬も4頭含まれています。それ以外の馬は庭先取引が主となっていますが、裏を返せば一口クラブで卸されなかった“1.5線級”レベルの馬たちと考えることもできます。実際、宝塚記念が最初で最後のJRAGI制覇となるケースも多く、配当的な妙味を考慮しても、個人オーナー馬には注目せざるを得ないでしょう。

【宝塚記念】日本の競馬は宇宙人が支配していた… JRAも知らない衝撃の事実判明か!? 謎の暴露集団「七騎の会」が立ち上がる!の画像7

 いずれにしても、我々は昨年の激走穴馬◎ワーザー(10番人気)に匹敵する大駆け情報や、アノ人気馬の不安情報まで極秘入手済。今年も一撃帯封を狙える勝負情報を提供できますよ!」(担当者)

 ここまで話したところで、担当者は「これ以上は…… 申し訳ない」と口をつぐんだ。今回、トカナ読者限定で特別に『宝塚記念・3点勝負買い目』を無料配信するので「続きはそちらで」とのこと。しかも、自信の証明として宝塚記念が馬連3点で獲れなければ有馬記念までの全GI情報も無料公開、さらに翌週以降も「七騎の会」が誇る馬券師たちの勝負買い目を無料公開するという。その他、【目イチ馬主】【社台の本音】【ワケアリ推奨馬】などの大人気コンテンツまで毎週無料公開されているというのだからスゴい。もうおわかりだろう。「七騎の会」はレースのポイントを誰よりも敏感に、誰よりも早く、そして誰よりも正確に把握している。宇宙人による干渉を免れた今年の宝塚記念を理論と分析で攻略し、一攫千金を果たしたければ、彼らの力を借りないという選択肢などあり得ない。

・ CLICK → 無料公開!【宝塚記念 馬連3点勝負買い目】七騎の会

※=本稿はPR記事です。

コメント

7:匿名 2019年6月26日 08:32 | 返信

薄ら寒い
なろう系未満

6:匿名 2019年6月21日 17:00 | 返信

早く氏ねばいいのに

5:匿名 2019年6月21日 15:14 | 返信

こんなくだらない記事書いて恥ずかしくないのか

4:匿名 2019年6月21日 15:07 | 返信

八百長減らすために馬だけ走らせろ

3:匿名 2019年6月21日 14:20 | 返信

悪いけど全然面白くない

2:特命 2019年6月21日 13:43 | 返信

ETIが存在してると思ってる奴は病院に行った方がいい

1:匿名 2019年6月21日 13:19 | 返信

病院行きやがれ

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。