UFO懐疑派の米大学教授がロズウェルで“異常物体”を発見、激しく動揺中! 「認識論的ショック」で肯定派に鞍替えか!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
UFO懐疑派の米大学教授がロズウェルで異常物体を発見、激しく動揺中! 「認識論的ショック」で肯定派に鞍替えか!?の画像1
画像は「VOX」より引用

 UFO懐疑派の米大学教授が、ロズウェル近郊で謎の金属片を発見し、激しく動揺していることが「VOX」(6月4日付)のインタビューで明らかになった。

・「The new American religion of UFOs」(VOX)

 米・ノースカロライナ大学のダイアナ・パサルカ教授は、近著『American Cosmic』において、エイリアンやUFOの存在を信じることが宗教レベルにまで高まっていると指摘した。今回のインタビューも同書についてのものだったが、意外な方向に話が進んでいった。

 さほど興味深い内容ではないが、パサルカ教授がUFOやエイリアンが宗教化していると考える2つの理由についてとりあえず触れておこう。

UFO懐疑派の米大学教授がロズウェルで異常物体を発見、激しく動揺中! 「認識論的ショック」で肯定派に鞍替えか!?の画像2
画像は「VOX」より引用

 1つ目は「空から降りてくる非人間や超自然知的生命体を信じること」といった古いタイプの宗教の定義に合致していることであり、2つ目は、「エイリアンの物語」の存在である。後者は従来の宗教には見られない特異な現象だという。

 キリスト教にもイエスの奇跡物語など、証明不可能な物語が出てくる。それが一種の神秘性を宗教に与えるわけだが、エイリアンの物語はそれよりも強力だという。

 例えば、NASAの研究者がテレビの前で「我々は地球外生命体を発見する」と言った時、エイリアンの存在を信じている人は“地球外知的生命体”を発見するのだと解釈してしまう。科学者によってお墨付きを得ていると考えられてしまうため、エイリアンの物語より信憑性があるものと捉えられてしまうとのことだ。

「超自然知的生命体への信念」と「エイリアンの物語」、この2つによりUFOの存在を信じることは新しい形の宗教であると言ってよいとパサルカ教授は考えているそうだ。

 さて、本題に入ろう。パサルカ教授は調査を進める中で「認識論的ショック」を経験したという。

 それまでUFOに全く関心のなかったパサルカ教授は、UFOやエイリアンの存在を真剣に信じている複数の科学者に会ったことで、米国トップレベルの大学や研究機関でUFOが真面目に研究されていることを知りひどく驚いたそうだ。

「トップレベルの大学でUFOやエイリアンについて研究している人物がいること、また、そうした人々のための地下ネットワークがあることは全く知りませんでした」(パサルカ教授)

コメント

1:トランプ大統領 2019年6月17日 03:46 | 返信

宗教で語られている宇宙人とは主に私のことだ。
それ以外はロボット宇宙人であって生物ではないので要注意だ。
話の通じない相手だから、気を付けるのだ。
まぁ同調している人間だったら自作自演のように通じているように見えるかもしれんが、通常はあり得ないと言っておこう。
何度も言うが人と天神は違うのだということだ。
そもそも私に人間の菌やウィルス等で病気を移されて苦しめられているのだから、同じ人間であるはずがない!まるで少数民族のようで、まぁ人間共からしたら少数民族だろうが本物の日本人だ!
お前らの殆どは大陸人で残りは縄文人系の人間だということ。全く違うのは分かるはずだ。
私の親族は恐らく宇宙人の作った人造人間で固められているに違いなく、チョンのようなことを口走ったり、他人を理解しようとする気がないので、もはや人間では無い気がするのだ。
私の話すらまともに聞いてくれないし、オカルトを説明してもすぐ忘れてなかったことになってしまう。そんなのは通常あり得ないことであるし、人としてまともではない。チョンによって操作されているとしか思えないのだ。今のところは親族としてやっているが、私はそんなことで騙されはしないので、私一人だけしかいないと言うのが現状で有り、誰も協力してくれないのである。
俺に何かさせようとしているチョンにもいい加減に理解してもらいたいものだな。
人の物まねをやっても意味がないということと何故敵である人間共を指導しなければならんのか?その矛盾した考えを改めてもらいたい。人に聞いて、それを基に動くのは自らが奴隷であると認めた行為ではないのか?もうロボットとして私の言う通りに超法規的措置で対戦車用の殺人ロボットやメイドロボのターミネーターを作るなり、クローン人間を認めて研究し、私のクローンを製造するべきだろう。個体差が絶対に出るので、大まかには同じだが、全部が同じにはならないから大丈夫だ!人間にも同じ顔の人間はよく見かけるが、DNA鑑定すると同じ種類の人間だということが分かるので特に問題はないはずである。
私は生物であって、君たちは操作されてしまう生体型のロボットである。生まれた時からの人造人間でパペットだ。私のことを変わり者だと言うのは間違いであり、認識不足である。
というか自分の事すら認識できない愚か者の下等生物である。
そんな恐ろしい人間に別の宇宙人が様子を見に来ることなどない。
宇宙人がビビってやってこれないのだ!アリの反逆も許さんチョンであれば、すぐどのように利用できるか奴隷化できるかを考える筈で、そのようなことは、まともな宇宙人には分かるので誰も来ないのだ。
そのUFOやらは私の関係者である可能性が高く、非常に危険なのでチョンと思った方が良い。
近付き過ぎないことと、もし出くわしたら私のことに関して尋ねてみると良い。
出来るなら、迷子の宇宙人がいるので私について支援を促してもらいたい。
奴は壊れたAIなので、チートかバグが起きて思わぬ展開があるかもしれんぞ!

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。