UFO懐疑派の米大学教授がロズウェルで“異常物体”を発見、激しく動揺中! 「認識論的ショック」で肯定派に鞍替えか!?

UFO懐疑派の米大学教授がロズウェルで異常物体を発見、激しく動揺中! 「認識論的ショック」で肯定派に鞍替えか!?の画像1
画像は「VOX」より引用

 UFO懐疑派の米大学教授が、ロズウェル近郊で謎の金属片を発見し、激しく動揺していることが「VOX」(6月4日付)のインタビューで明らかになった。

・「The new American religion of UFOs」(VOX)

 米・ノースカロライナ大学のダイアナ・パサルカ教授は、近著『American Cosmic』において、エイリアンやUFOの存在を信じることが宗教レベルにまで高まっていると指摘した。今回のインタビューも同書についてのものだったが、意外な方向に話が進んでいった。

 さほど興味深い内容ではないが、パサルカ教授がUFOやエイリアンが宗教化していると考える2つの理由についてとりあえず触れておこう。

UFO懐疑派の米大学教授がロズウェルで異常物体を発見、激しく動揺中! 「認識論的ショック」で肯定派に鞍替えか!?の画像2
画像は「VOX」より引用

 1つ目は「空から降りてくる非人間や超自然知的生命体を信じること」といった古いタイプの宗教の定義に合致していることであり、2つ目は、「エイリアンの物語」の存在である。後者は従来の宗教には見られない特異な現象だという。

 キリスト教にもイエスの奇跡物語など、証明不可能な物語が出てくる。それが一種の神秘性を宗教に与えるわけだが、エイリアンの物語はそれよりも強力だという。

 例えば、NASAの研究者がテレビの前で「我々は地球外生命体を発見する」と言った時、エイリアンの存在を信じている人は“地球外知的生命体”を発見するのだと解釈してしまう。科学者によってお墨付きを得ていると考えられてしまうため、エイリアンの物語より信憑性があるものと捉えられてしまうとのことだ。

「超自然知的生命体への信念」と「エイリアンの物語」、この2つによりUFOの存在を信じることは新しい形の宗教であると言ってよいとパサルカ教授は考えているそうだ。

 さて、本題に入ろう。パサルカ教授は調査を進める中で「認識論的ショック」を経験したという。

 それまでUFOに全く関心のなかったパサルカ教授は、UFOやエイリアンの存在を真剣に信じている複数の科学者に会ったことで、米国トップレベルの大学や研究機関でUFOが真面目に研究されていることを知りひどく驚いたそうだ。

「トップレベルの大学でUFOやエイリアンについて研究している人物がいること、また、そうした人々のための地下ネットワークがあることは全く知りませんでした」(パサルカ教授)