「この世のモノではなかった」1897年に宇宙人が埋葬された“オーロラUFO墜落事件”とは!? 謎の組織「ソノラ・エアロ・クラブ」が…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント5

 あの“ロズウェル事件”からさかのぼること50年前、まだ一般的な航空機もなかった時代に米テキサス州オーロラでUFO墜落事件が起きていた――。

■遺体のパイロットは「この世の者ではなかった」

 19世紀末にメディアを通じてニュースになった“UFO墜落事件”が、1897年4月17日に米テキサス州オーロラで発生した「オーロラUFO墜落事件」である。歴史的なUFO重大インシデントである“ロズウェル事件”よりも50年も前のことだ。

 オーロラUFO墜落事件では、搭乗していた“この世の者ではない”パイロットは即死状態で発見され、地元の教会墓地に埋葬されている。

 このオーロラUFO墜落事件については捏造説も根強く、かつてトカナの記事でも現地の日刊紙の捏造による事件だったとして取り上げたことがあるのだが、ここに来てUFO情報メディア「Alien UFO Sightings」などがこのUFO墜落事件をあらためて紹介している。いったいどんな事件であったのか、この機会に検証してみるのがよいだろう。

「この世のモノではなかった」1897年に宇宙人が埋葬されたオーロラUFO墜落事件とは!? 謎の組織「ソノラ・エアロ・クラブ」が…の画像1
「Alien UFO Sightings」の記事より

 そもそも、この事件の前年の1896年からアメリカ各地で葉巻型の謎の飛行物体が多くの人々に目撃されていたという。カリフォルニア州から始まった目撃報告はその後、少しずつ東に移っていく中で、1897年4月17日にテキサス州オーロラの街にまでやって来てどういうわけか“墜落”したということのようだ。

 4月19日の「The Dallas Morning News」の記事によると、17日の夜明け近くに、飛行船がオーロラ在住のJ・S・プロクター判事が所有する敷地内の風車に衝突したという。

(以下、記事より)

 オーロラの早起きの人々は、飛行船の突然の出現に驚いた。明らかに機体のいくつかの部分は故障していた。なぜなら速度はわずか時速15~30キロほどで、徐々に地面に向かって高度を下げていたからだ。

 それは公共広場の上空を飛行し、町の北部にまで達するとプロクター判事の敷地内の風車と衝突してすさまじい爆発を見せ、数エーカー四方に破片が散らばり、風車と水槽を破壊し、判事の大事な花壇も台無しにした。

 回収された(パイロットの)遺体はひどい有様で、この世の者ではなかった。

(引用終わり)

 遺体からは書類が発見されたのだが、記されている文字は象形文字風でまったく読めなかったという。また記事によれば、飛行船はアルミニウムと銀の合金に多少似ているかもしれない未知の金属で造られていて、破壊される前の総重量は数トンの重さがあったに違いないということだ。

「この世のモノではなかった」1897年に宇宙人が埋葬されたオーロラUFO墜落事件とは!? 謎の組織「ソノラ・エアロ・クラブ」が…の画像2
「Texas Hill Country」の記事より

 そして翌日に多くの地元民と周辺の人々が残骸を見に集まり、パイロットのための葬儀が行われたのだった。

コメント

5:匿名 2019年7月30日 01:06 | 返信

この事件、ジョー・マクモニーグル氏に透視してほしい

4:匿名 2019年7月29日 06:33 | 返信

人類が使っていた紙を用意て文字を書くはずがない。

3:匿名 2019年7月29日 02:24 | 返信

>>2
凡庸過ぎるぞ

2:特命 2019年7月28日 17:24 | 返信

ETIなんぞ存在するはずも無い

もし存在するとて何光年も飛来するテクノロジーを持ちながら某国政府と密約なんぞ茶番

1:匿名 2019年7月28日 16:23 | 返信

葉巻型で銀色で…風車に接触したぐらいで激しく爆発を起こしたなら、まだ未発表だった飛行船だったんじゃないの?
ゆっくり降下して来たというのも説明付くし。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。