【衝撃】香港デモが完全にSF化していた! レーザービームが飛び交い、顔認証システムめぐる攻防… ハンパない未来感!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント5
【衝撃】香港デモが完全にSF化していた! レーザービームが飛び交い、顔認証システムめぐる攻防… ハンパない未来感!の画像1
画像は「Twitter」より引用

 犯罪容疑者の中国本土への引き渡しを認める「逃亡犯条例改正案」に反対する香港デモが長期化するなか、注目されているのがデモ隊のハイテク技術だ。

 米誌「The Washington Post」(8月1日付)によると、デモ隊は高出力のレーザービームを使用し、顔認証システムを無効化しているというのだ。少し前に香港デモ参加者が、鎮圧部隊が投げた催涙ガスを見事な連携プレーで回収する映像が話題になったが、今回の映像も圧巻だ。

・「Hong Kong protesters are using lasers to distract and confuse. Police are shining lights right back」(The Washington Post)

 その様子をフリージャーナリストのAlessandraさんが、「中国の人工知能に対するサイバー戦争」というコメントとともにツイッターに投稿し、欧米でも大きな話題になっている。

かなり離れた場所から警官隊に向けて、青と緑のレーザーが照射されている。なかなかSFチックな光景だ。

 なぜレーザーなのか? それは、デモ隊が身元の特定による個別逮捕を何より恐れているからだ。デモの前線にいる参加者は顔を隠すのみならず、靴のブランド名も隠すほどの周到ぶりである。だが、それでも監視カメラや警察隊のカメラは彼らにとって脅威となっている。

 すでに100人以上が政情不安を引き起こした罪で起訴されており、うち40人は暴動罪で最高10年の懲役刑が課される恐れがあるという。とにかく、身バレは彼らにとって一大事なのだ。

コメント

5:匿名 2019年8月8日 20:51 | 返信

ワンシャンゴーイウーホイへー!

ホンチ!

by ポリスストーリー

4:金 正恩 2019年8月8日 15:40 | 返信

日本の学生運動みたいにのちに一般市民は嫌気が差して収束する。中国政府は黒幕が誰かもよくわかって放置してるだけ。指示役はマカオ香港領事館の政治担当J.エアデ、運動指導者 マーチン リーや ジミーライは3~5月に訪米、ポンペオと会談、ネオコンの親玉ポールウォルフォウィッツとも親しい。米中貿易摩擦で北京に揺さぶりをかける。この騒ぎで得するヤツ、カネの出処、辿って行けばクダラない茶番だと言うコトがよくわかる。強いヤツにはみんな黙ってついてくる。計略や脅し、叫んでワメくヤツに誰が信用するか?そんな連中な付いていくヤツはいない。例外中の例外もいるにはいるな。冷酷無責任な黄色劣等人種は(笑)

3:じょん・すみす 2019年8月8日 14:54 | 返信

まじめな話、レーザー光が眼に入ると
最悪失明するからね。
怖い怖い

2:トランプ大統領 2019年8月8日 13:55 | 返信

出来るならアメリカ製の銃をプレゼントしてあげたいし、香車のように猪突猛進で香港は中国では無いという正義を示してもらいたいものだ。
身バレするのを恐れるなら被り物のマスクかパンダの着ぐるみを着た方が良い。

1:匿名 2019年8月8日 11:11 | 返信

ジョークネタとしては不謹慎。

コメントする

匿名のコメントに返信[返信をキャンセル]
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。