奇習! 嫁入り直前の娘が父親のペニスを洗って…! キスや混浴も当たり前、父娘の“仲が良すぎる”西日本の集落

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1

【日本奇習紀行シリーズ 西日本】

奇習! 嫁入り直前の娘が父親のペニスを洗って…! キスや混浴も当たり前、父娘の仲が良すぎる西日本の集落の画像1
画像は「getty images」より引用

 いわゆるハリウッドドラマのなかには、父娘で熱烈なハグをしたり、愛情のこもったキスをするシーンがしばしば登場するが、文化・習慣の違いからなのか、この日本においては、そうした行為をする父娘はさほど多くはないようで、仮に何の前触れもなくこうした行為を父親が愛娘にやろうものなら、「キモい」と拒絶されたり、場合によっては性的虐待として通報されかねないから実に不思議なものだ。

 

「え、そうなの?(苦笑)このあたりじゃ、昔からそれが当たり前だったよ。少なくとも、ひと昔前までは、そうしないほうがおかしいぐらいに思われてたよね」

 

 西日本のとある地に、たった四半世紀ほど前までは当たり前のことのように定着しきっていたという、“父娘のスキンシップ”についてそう語りはじめたのは、当地で生まれ育ち、現在も暮らす滝澤三太郎さん(仮名・80)。滝澤さんの話によれば、その昔、当地の父と娘たちは、現代の我々が持つ感覚からすると、にわかに信じ難いほど濃密なスキンシップが行われていたのだという。

 

「まあ、よその人から見て、どこまでが大丈夫で、どこからがいけないことなのかはよくわからないけれどもね、ここいらじゃ、父娘で仲良くするのがとても良いことだというふうに考えられていたものだからね、嫁や恋人にするみたいに、ことあるごとに口づけをしたりとかね。一緒に風呂へ入るのも当たり前だし、それが嫁入りまで続くんだよ。嫁に行った後だって、盆や正月なんかに家に戻ってくれば、一緒に風呂に入るしな」

コメント

1:匿名 2019年8月26日 12:59 | 返信

ライターが自分の願望を書いて記事になるんだからラクだよな

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。