【やばい】宇宙の概念が根本的に間違っていることを示す”ある数字”とは? これまでの物理学が無意味になる…!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント6
関連キーワード:

,

,

,

,

【やばい】宇宙の概念が根本的に間違っていることを示すある数字とは? これまでの物理学が無意味になる…!?の画像1
画像は「Space.com」より引用

 宇宙は膨張している。だが、膨張の速度に関してまだ科学会ではコンセンサスが取れていない。次から次へと異なる数値がはじき出されてしまうからだ。膨張率の計算が間違っていれば、遠くの星との距離も間違っていることになる。宇宙の根本的な性質である膨張速度が分かっていないことに科学者は頭を抱え、いつしか“危機”と叫ばれるようになった。

 科学ニュース「Space.com」(9月3日付)によると、問題となるのは宇宙の膨張率を示すハッブル定数だ。2015年に行われたESA(欧州宇宙機関)のプランクミッションでは、ハッブル定数は67.4km/s/Mpcと計算されたが、セファイド変光星のデータを使った2013年の研究では73.4 km/s/Mpcだった。

 素人からしてみれば大した違いがないように見えるが、科学者にとっては大問題だという。もし、前者のハッブル定数が正しいとすれば、これまで科学者は遠くにある星の距離を間違って計算していたことになり、後者が正しいとすれば、これまでの物理学を捨てなければならない。

【やばい】宇宙の概念が根本的に間違っていることを示すある数字とは? これまでの物理学が無意味になる…!?の画像2
画像は「getty images」より引用

 ハッブル定数問題の始まりは1929年に遡る。現代宇宙論の基礎を築いたエドウィン・ハッブルは、より遠くの星ほど地球から遠ざかる速度が速いことに気づいた。星ではなく宇宙が膨張していることに気づいたハッブルは、ハッブル定数を501 km/s/Mpcだと計算した。これは現在の数値よりも10倍ほど大きいが、後に訂正された。

 ハッブルは宇宙がコンスタント(定常的)に膨張していると考えたため、宇宙の膨張率はハッブル定数(Hubble constant)と呼ばれるが、90年代に入り予想外の事実が明らかになった。

関連キーワード

コメント

6:匿名 2019年9月10日 22:33 | 返信

ヌーソロジーの観点で考えてみたら

5:匿名 2019年9月9日 17:43 | 返信

たかだか数百年分の知識で宇宙の構造を曝いてみようって意気込みは本当凄いよなって思う。

4:匿名 2019年9月9日 14:52 | 返信

プランク定数は
6.62607004 × 10-34 m2 kg / s
 
全然違う。物理学の根本を知らないで記事を書くな。

3:匿名 2019年9月9日 10:50 | 返信

確かアインシュタインの理論は完全に古く、
中学生でも見抜けるほどの間違いもあったと聞く。
宇宙で言われてる常識とやらもこのアインシュタインの理論と同じく徹底的に粉々に破壊される日が来るんだろうな。

2:匿名2 2019年9月9日 02:40 | 返信

※1 あ、やっぱり? 実体がないから、高いか低いかだけありそうだよね。人間が周期的なものに時間という概念を作ったのかなって。
そう見えているだけかもね。

1:匿名 2019年9月9日 00:13 | 返信

膨張もしてないし時間も減速してない
宇宙は無限で始まりも終わりも無い

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。