宇宙の概念が根本的に間違っていることを示す”ある数字”とは? これまでの物理学が無意味になる…!?

関連キーワード:

,

,

,

 地球から遠く離れた超新星が予想よりも暗く見えることが分かったのだ。このことから、宇宙はただ膨張しているだけではなく、加速度的に膨張していることが示唆された。普通に考えれば、時空は重力によって内側に引っ張られているのだから、重力によって時空が収縮し、膨張速度は減速していくはずである。そこで科学者は、宇宙の膨張速度を加速させている原因としてダークエネルギーを仮想した。

 いずれにしろ、宇宙の膨張率を正確に知るためには、加速率も正確に計測する必要が出てきた。しかし、これは途方もなく困難な仕事であると米・シカゴ大学の天文学者バリー・マドアー氏は語っている。それはまるで、「競馬場で走っている馬を一瞥して、馬がどこから走り出したのか、どの馬が勝つのか当てるようなもの」だという。

宇宙の概念が根本的に間違っていることを示すある数字とは? これまでの物理学が無意味になる…!?の画像3
画像は「getty images」より引用

 だが過去10年、ビッグバン後の残照である宇宙マイクロ波背景放射などをもとに科学者はこの困難に立ち向かってきた。そして今年7月の研究では、先ほどの2つの数値の中間になる69.8 km/s/Mpcというプランク定数が弾き出された。

 だがマドアー氏によると、まだ考慮すべきことが多く、この数値が完全に正しいとは言えないという。ハッブル定数問題は必ず解決されなければならないが、まだ時間がかかるとのことだ。

 一方、宇宙は加速膨張していないと考える科学者もいる。スペイン・バスク大学のホセ・セノヴィーリャ教授らによると、加速しているように見えるのは、実は時間そのものが減速しているためであり、今よりも時間経過が速かった過去の超新星爆発を観測したために起こった見かけ上の現象に過ぎないというのだ。

 空間が膨張しているのか、時間が遅くなっているのか……決着は今後の研究に委ねたい。

参考:「Space.com」、ほか

編集部

関連キーワード

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ