全宇宙の68%が存在しない可能性がシミュレーションで判明! 物理学界に激震中!!

全宇宙の68%が存在しない可能性がシミュレーションで判明! 物理学界に激震中!! の画像1膨張する宇宙のモデル「Daily Mail」より引用

 20年にわたり科学者を悩ませてきた謎の「暗黒エネルギー」がやはり存在しなかった可能性が浮上、全宇宙の実に68%は科学者の頭の中にしか存在しなかったかもしれない、という驚きの研究結果が明らかになった!


■ダークエネルギー(暗黒エネルギー)とは?

全宇宙の68%が存在しない可能性がシミュレーションで判明! 物理学界に激震中!! の画像2従来考えられてきた宇宙に存在する物質とエネルギーの割合。暗黒エネルギー68.3%、暗黒物質26.8%、通常物質4.9%「Wikipedia」より引用

 ご存知のように、宇宙はビッグバン以来、膨張し続けていると言われている。誰もが当たり前のように受け入れている“事実”だが、これは極めて奇妙な現象なのだ。

 というのも、時空は重力によって内側に引っ張られているにもかかわらず、宇宙全体の膨張速度は加速度的に上昇しているからだ。普通に考えれば、重力によって時空が収縮するはずであるから、膨張速度は減速していくべきなのに、だ。

 この常識外れの事態をなんとか解釈しようと導入されたのが謎に満ちた「ダークエネルギー(暗黒エネルギー)」である。ダークエネルギーは時空を押し広げる負の圧力、つまり斥力を持っており、これが宇宙空間を膨張させ続けていると科学者はこれまで納得してきた。

 しかし、宇宙空間の約70%をも占めるというダークエネルギーは想像上のエネルギーに過ぎず、未だダークエネルギーそのものは発見されていない。

全宇宙の68%が存在しない可能性がシミュレーションで判明! 物理学界に激震中!! の画像3画像は「Thinkstock」より引用

 世界中の科学者はその存在を信じ、これまで発見に力を注いできたわけだが、最新のコンピュータシミュレーションで「宇宙の68%を占めるはずのダークエネルギーは存在しない」ことが遂に明らかになった。どうやら宇宙は科学者の頭の中でグロテスクなまでに肥大してしまっていたようだ。

プレスリリース入稿はこちら サイゾーパブリシティ