【緊急警告】「イスラム国」関係者が次々解放…完全復活の恐れ! 米軍のシリア撤退が原因か、指導者バグダディも始動!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3
画像は「The Sun」より


 今年7月トカナは「イスラム国」(IS)が再組織化の気配を見せていると報じたが、米軍のシリア撤退に伴い、それが現実化しようとしている。

 10日、トルコがシリア北部で作戦を開始。表向きの狙いは敵対するクルド人勢力だが、米紙「Wall Street Journal」(10月13日付)や英紙「The Sun」(10月11日付)などによると、実はIS戦闘員を解放しようとしているという。

 トルコはイスラム国戦闘員7000人あまりが収容されている「Chirkin hellhole」を狙って爆撃したかもしれないというのだ。関係者はこれを“囚人解放のための明白な行為”だとしている。現在のところ“危険な”囚人の脱走はないそうだが、今後トルコの攻撃が継続していけば、いずれ破られるのではないかとシリア民主軍のジア・クルド氏は危惧している。

画像は「The Sun」より

「トルコの攻撃により、収容施設の警備体制が縮小・弱体化する恐れがあります。それによりIS戦闘員が脱走し、警備員だけでは対処できない事態に陥るかもしれません」(クルド氏)

 これにはクルド人だけでなく、米国も危機感を露わにしており、15日にはマイク・ペンス米副大統領が、攻撃停止を求めてトルコを訪問することを明らかにした。米中央軍司令官のジョセフ・ヴォーテル陸軍大将も次のように警鐘を鳴らしている。

画像は「The Sun」より

2000人の外国人戦闘員、9000人のイラク・シリアの戦闘員、そして彼らの家族がシリア民主軍の警備の下、収容施設にいます。最近、IS指導者のアブー・バクル・アル=バグダーディーが収容施設からの戦闘員の解放を呼びかけたこともあり、今回の事態は非常に困りものです」(ヴォーテル中央軍司令官)

 シリア民主軍と米軍の活躍でISは壊滅状態に追いやられた。昨年2月には英国籍の戦闘員らを捕らえ、米国に送還するなど“戦後処理”的な状況が続いていたが、ここに来て詰めの甘さが命取りになりそうだ。これまでの努力が水の泡になるかもしれない。

 米・シンクタンク「Institute for the Study of War」の報告によると、収容されていないISIS戦闘員はイラクやシリア国内に散らばり、潜在的な脅威になっているという。

コメント

3:匿名 2019年10月18日 10:46 | 返信

こんなんじゃトルコのEU入りは夢のまた夢だな

2:匿名 2019年10月17日 22:14 | 返信

またタイトルがおかしいぞ

1:匿名 2019年10月17日 13:18 | 返信

そんなことよりトランプは世界中のクルド人を怒らせた責任取れよ

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。