「終末に備えて」地下生活9年、オランダの怪事件で新事実発覚! 奇妙な言語、謎の男ヨセフ・B、不審な“自撮り写真”も公開!

関連キーワード:

,

,

,

,

「終末に備えて」地下生活9年、オランダの怪事件で新事実発覚! 奇妙な言語、謎の男ヨセフ・B、不審な自撮り写真も公開!の画像4
一家が幽閉されていた家。画像は「The Sun」より

 家の周囲には監視カメラが設置されており、近づくものがいるとヨーゼフ・Bが追い払っていたそうだ。一家は庭にあるわずかな野菜で生き延び、外界との接触を断っていた。また、役所に一家の誰も登録されておらず、ヨーゼフ・Bが彼らの存在を隠していたかったことは間違いないだろう。

 助けを求めた長男のヤンはバーに過去2回訪れていたそうだが、その時は何も話さなかったという。ヨーゼフ・Bの報復を恐れていたのだろうか? バーの経緯者によると、ヤンは「今の生活を止めたい」と語っていたそうだ。

 これまた奇妙な話だが、ヤンの弟や妹は彼らが地球上で最後の人類だと信じ込まされていたという。なぜ他人の存在を隠したかったのだろうか? これも謎である。

「終末に備えて」地下生活9年、オランダの怪事件で新事実発覚! 奇妙な言語、謎の男ヨセフ・B、不審な自撮り写真も公開!の画像5
一家が幽閉されていた家。画像は「The Sun」より

 隠し部屋で母親は発見されなかったが、どうやら2010年に引っ越してくる前に亡くなっていたようだ。彼女の死もまた今回の事件と関係しているのだろうか?

 完全に外界との接触を断っていたはずの一家だが、これまた奇妙なことに、ここ数カ月ヤンはフェイスブックやインスタグラムに自撮り写真を投稿したり、近くの材木店で働くようになったと報告していたという。スマートフォンやパソコンを所持していたとのことだが、どうやって入手したのだろうか? そしてヨーゼフ・Bはそのことに気づいていたのだろうか?

 謎が謎を呼ぶ怪事件だ。今後の捜査でその全貌が明らかになることに期待したい。

参考:「The Sun」、「Daily Mail」、ほか

編集部

※ 本記事の内容を無断で転載・動画化し、YouTubeやブログなどにアップロードすることを固く禁じます。

「終末に備えて」地下生活9年、オランダの怪事件で新事実発覚! 奇妙な言語、謎の男ヨセフ・B、不審な“自撮り写真”も公開!のページです。などの最新ニュースは知的好奇心を刺激するニュースを配信するTOCANAで

トカナ TOCANA公式チャンネル