JRA天皇賞・秋(G1)で“トンデモない番狂わせ”が起きる… 関係者に出回る極秘情報判明! アーモンドアイを脅かす関西馬とは!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
JRA天皇賞・秋(G1)でトンデモない番狂わせが起きる… 関係者に出回る極秘情報判明! アーモンドアイを脅かす関西馬とは!?の画像1
関西馬サートゥルナーリア

■週末の天皇賞で注目が集まるアノ牝馬の状態は!?

 10月22日、国民と各国要人らが見守る中、天皇陛下の「即位礼正殿の儀」が行われた。これで日本は、対外的にも正式に新しい時代を迎えたことになる。そんな余韻も残る中、今週末の日曜日には東京競馬場で第160回天皇賞(秋)が行われる。その名の通り、競馬界において最も由緒正しく、そして多くの関係者が目標とするレースだ。過去160回のうち勝利した牝馬は16頭。特にグレード制が導入された1984年以降は、わずか4頭しかいない。そして今年は9年ぶりに牝馬の勝利が期待されている。その馬こそ、現役最強牝馬アーモンドアイだ。

 グレード制が導入された1984年以降に天皇賞(秋)を勝利した牝馬はエアグルーヴ、ヘヴンリーロマンス、ウオッカ、ブエナビスタの4頭。いずれも日本の競馬史に残る名牝達である。エアグルーヴは17年ぶりに牝馬として勝利、ヘヴンリーロマンスは14番人気という人気薄での勝利。このレースは天皇・皇后両陛下が競馬場で観戦された戦後初の天覧競馬でもあり、大きな話題となった。ウオッカは牝馬ながらダービーを勝利した女傑であり、天皇賞だけでなくジャパンカップや安田記念など数多くのレースで牡馬をなぎ倒し最強牝馬の一頭として数えられる。そしてブエナビスタは、ジャパンカップなど6つのG1レースを勝利し、約15億円を稼いだ歴史に残る名牝。そんな女傑たちに引けを取らない実績を持っているのが、このアーモンドアイなのである。

 アーモンドアイはデビュー戦で2着に敗退したものの、そこから無傷の6連勝で桜花賞、優駿牝馬(オークス)、秋華賞、そして3歳牝馬ながら挑戦したジャパンカップで世界レコードを記録する勝利、年度代表馬に輝いた。今年初戦の海外遠征ドバイターフ(G1)でも圧倒的な末脚で勝利。4歳春の時点でG1レースの勝利数は「5」に達しているのである。これは前述の4頭を大きく上回るハイペース。帰国初戦の安田記念は不利もあって3着に敗れたが、その力は誰もが認めるもの。今週の天皇賞が約150日ぶりのレースとなるが、果たしてどんなレースを見せてくれるのだろうか。同馬は1番人気が確実視されており、その状態や仕上がり、馬券になるかならないかは競馬ファンにとって最も重要なポイントと言えるだろう。

JRA天皇賞・秋(G1)でトンデモない番狂わせが起きる… 関係者に出回る極秘情報判明! アーモンドアイを脅かす関西馬とは!?の画像2
昨年の天皇賞は関東馬が勝利。関西馬の巻き返しに注目

■関西馬の動向こそ馬券につながる

 しかし、馬券の鍵を握るのは関西馬と言っていいだろう。天皇賞では過去に多くの関西馬が活躍している。過去10年で7勝を記録し、2着3着の馬券圏内も多くの関西馬が好走。さらに上で挙げた天皇賞(秋)を勝った4頭の牝馬は全て関西馬。この秋に行われた秋華賞と菊花賞のG1レースを勝利したのも関西馬なのである。

 そんな関西馬の情報を隅から隅まで把握すること、そして関東馬のアーモンドアイなどもしっかりカバーできれば、この天皇賞の的中は目の前といっていいだろう。そんな関西馬情報を極秘に入手する抜け道があるのをご存じだろうか。それが元関西の競馬関係者が、現役の関西関係者から仕入れる関西馬情報を扱う「チェックメイト」を利用することだ。

 関西の元関係者、つまり栗東トレーニングセンターなどで働いていた競馬関係者が、現役競馬関係者から仕入れる情報なのだから、これは本物と言って間違いない。なぜなら彼らは皆仲間であり、家族や親族といった間柄にある者たちも少なくないからだ。そういった関西関係者の内部情報を集め、競馬ファンに公開しているのが「チェックメイト」。関西馬情報を専門に扱う競馬のプロ集団であり、多くの競馬関係者が在籍している。中でも日本ダービーなどを勝利した元JRA調教師清水久雄氏の存在は別格。本物が存在するからこそ、競馬関係者から本物の情報が届き、それを元に自信を持って馬券で勝負することができるのである。その結果、チェックメイトはこれまで数多くの馬券を的中させてきた。この秋も秋華賞では3連複1万5170円、府中牝馬ステークスでは3連単7万7860円の万馬券を、10月には3連単12万6410円の10万馬券も的中させており、その勢いはとどまるところ知らない。

JRA天皇賞・秋(G1)でトンデモない番狂わせが起きる… 関係者に出回る極秘情報判明! アーモンドアイを脅かす関西馬とは!?の画像3
人気薄の関西馬情報で万馬券を量産

■「儲かる匂いがする」極秘情報とは!?

 そんなチェックメイトがこの天皇賞で何やら衝撃の関西馬情報を入手しているというからピンときた。これは絶対に「儲かる匂いがする」と。その真相を調べてみると、衝撃の事実が判明したのだ。

「アーモンドアイは上位人気濃厚ですが、安田記念では不利を受けていたとはいえ3着に敗れています。この一件は競馬に“絶対”はないことを証明し、今回も安田記念と同様のケースとなるパターンも十分にあるでしょう。

 中でも注目はある関西馬。様々な理由からアーモンドアイを逆転できると関係者はかなり強気。マスコミもほぼノーマークで人気はないにも関わらず、仕上がりも最高潮であり、あらゆる条件がこの馬向きの状況なのです。

 今年は人気の関東馬が負けて関西馬が勝ち、高配当となるレースが多い傾向にあります。例えば春のNHKマイルカップでも、同様のパターンで関東馬敗退、関西馬激走で馬連1万7200円と3連複9万7390円のダブル万馬券を的中。今回も人気の関東馬が沈み関西馬が上位を独占し、特大万馬券となる可能性が十分あります。この天皇賞・秋は絶対に関西馬に注目してください

 これは極めて衝撃的な情報だろう。今年は関東馬アーモンドアイが1番人気となりそうだが、馬券の中心は関西馬だというのだ。まさにこの関西馬情報を制したものが、この天皇賞の的中を手にするといっても過言ではない。するとチェックメイトから意外な提案があった。

「秋競馬をさらに盛り上げるため、そして関西馬の強さとその情報の確かさを知ってもらうため、まだチェックメイトを利用していない人に向けて、この天皇賞に関する極秘関西馬情報とその買い目を無料で公開します」

というのだ。なんと、一般人ではとても入手できない極秘の関西馬情報を無料で教えてくれるというのである。こんな機会は二度とやって来ない。同じレースが組まれることは二度とないのだから、当然ながらこの情報が活かされるのは、今回限りなのである。ぜひこのチャンスを逃さず利用してほしい。そして関西馬情報の真実を知り、ジャパンカップや有馬記念などの大一番へ向けてしっかりと準備をしていきたい。

CLICK → 【無料公開!天皇賞(秋)勝負買い目】チェックメイト

※=本稿はPR記事です。

コメントする

画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。